2022年2月

– 節分 –

  • 2022.02.13
  • 高齢者福祉
  • Posted by | sensin

皆様、おはようございます・こんにちは・こんばんは。

津特養NHKのHです。

 

二十四節気の中では、「立春」と「雨水」の中間辺り、本来なら寒さも峠を越え、春の気配が感じられる時節ではありますが、まだまだ厳しい寒さが続いております。

皆様に於かれましては、如何お過ごしでしょうか。

 

さて、少し遡りまして2月の初旬に節分がありました。

津特養においても感染対策を十分に取った上で、毎年恒例の職員が鬼に扮する節分行事を行いました。

 

 

マスク越しでも分かる素敵な笑顔ですね。

 

「節分」とは、季節の節目である「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日のことを言い、読んで字の如く「季節の分け目」という意味です。

 

 

 

その中でも旧暦では、春から1年が始まるとされていた為、立春の前日である「春の節分」が大切とされ、今日の節分の文化として根付いてきました。

 

そして、節分と言えば「豆まき」ですね。

 

 

古来の日本では、季節の分かれ目、特に年が変わる「春の節分」には、邪気が入りやすいと考えられており、1年間の平穏無事と邪気を祓う為に「追儺」という行事が行われていました。

 

追儺は平安時代に宮中行事として、大晦日に行われていたそうですが、世間には節分に豆を撒いて鬼を追い払い、無病息災を祈る行事として広まり、豆まきが節分の行事となりました。

 

節分は過ぎてしまいましたが、皆様の無病息災をお祈り申し上げます。

 

 

以上、津特養Hでした。

       

サイト内検索

最近の投稿

2022.05.16 高齢者福祉
D2 Top News
2022.05.15 障がい福祉
きらめき工房いがについて

アーカイブ

  • 2022.05 (26)
  • 2022.04 (43)
  • 2022.03 (49)
  • 2022.02 (50)
  • 2022.01 (56)
  • 2021.12 (62)
  • 2021.11 (68)
  • 2021.10 (57)
  • 2021.09 (63)
  • 2021.08 (63)
  • 2021.07 (81)
  • 2021.06 (79)