2021年6月

続・陶芸のご注文

  • 2021.06.06
  • 障がい福祉
  • Posted by | sensin

こんにちは、きらめき工房いがです。

以前、伊賀市伊賀支所様から依頼があった、陶芸品が出来上がり、ふるさと会館いがの中庭に飾って頂けましたので、紹介したいと思います。

(詳しくは、3月20日のブログ、「陶芸のご注文」をご覧ください。)

 

 

 

 

こちらがふるさと会館いがの外観です。

 

 

 

この中庭に作品が飾られています。

 

今回はその飾ってある様子を少し紹介させていただきますね。

 

 

 

松尾芭蕉像です。そっくりに出来ていると思いませんか?

近くには芭蕉の句が載った板も置かれています。これもいい感じに仕上がっていますね。

ちなみに板には「誰が聟ぞ 歯朶に餅負ふ 丑の年(たがむこぞ しだにもちおう うしのとし)」と書かれています。意味は「どこの家の婿どのだろう。シダで飾った鏡餅を牛に負わせて嫁の実家に向かうのは。この丑の年に」という意味だそうです。ちょっと難しいですね…(苦笑) ちなみにこの句は全国的にはあまり知られていないそうです。

 

 

 

 

忍者です。忍者だけでなく手裏剣もしっかり作られています。

 

 

 

 

カエルです。かわいらしく作られています。

 

 

いかがでしょうか?どの作品もよく出来ていると思いませんか?

 

あまりこのご時世にこのようなことを言うのもどうかなとも思いますが、このブログを見て、興味を持った方はぜひ、ふるさと会館いがを訪れてみてください。きらめき工房いがが制作した作品だけでなく、他の業者様が制作された作品もたくさん展示されていますよ。

(早くコロナウイルスが終息して、お出かけが出来るようになるといいですね…)

 

そして、伊賀市伊賀支所様、この場をお借りして感謝申し上げます。ご注文、ありがとうございました。

 

それでは また…

 

 

きらめき工房いが

 

 

 

 

 

       

サイト内検索

最近の投稿

2021.09.20 高齢者福祉
毎日の日課
2021.09.20 高齢者福祉
志摩のお昼ごはん
2021.09.19 高齢者福祉
アート鈴々

アーカイブ

  • 2021.09 (43)
  • 2021.08 (63)
  • 2021.07 (81)
  • 2021.06 (79)
  • 2021.05 (80)
  • 2021.04 (72)
  • 2021.03 (106)
  • 2021.02 (86)
  • 2021.01 (91)
  • 2020.12 (120)
  • 2020.11 (88)
  • 2020.10 (88)