お正月の風景。

お正月の風景。

  • 2020.01.04
  • 高齢者福祉
  • Posted by | sensin

あけましておめでとうございます。

地域総合ケアセンターの日高です。

皆さんはどのようなお正月を迎えられたでしょうか?

 

こちらは地域総合ケアセンター正面玄関の門松です。

 

 

門松の始まりは平安時代で、年神様を迎え入れるために、家の門口に飾られるようになった

といわれています。

門松にも関西風と関東風がありますが、地域総合ケアセンターの門松は関西風の門松です。

関東風の門松には、関西風のように竹の上部を斜めにそぎ切りにするのではなく、水平に切

り、上部が見えない寸胴が多いのだそうです。

 

こちらは特養和室のお正月飾りです。

 

 

とても華やかです。

ご利用者様、ご家族様にお正月気分を味わっていただいています。

 

そして、お正月といえば、お餅!

今では年中、個包装のパックのお餅がスーパーの棚に並んでいて、お餅はお正月の風物詩で

はなくなっているのかもしれません。

年末にあるご利用者様のお宅に伺ったときのことです。

注文してあったのし餅が届いたと見せてくれました。

今でこそ私も「○○○の切り餅」を購入していますが、そういえば子どもの頃、わが家でも

毎年、のし餅をお米屋さんに注文していました。

年末にのし餅を包丁で角切りにするのですが、すぐにカビが生えてしまいます。

カビが生えないようにと、水をはったバケツにお餅をつけていました。

そんな昔話で、ご利用者様と盛り上がりました。

 

お正月の風景も少しずつ変わってきているように感じます。

それでも気分だけは楽しんだ今年のお正月でした。

 

アーカイブ

  • chevron_right2020.05 (72)
  • chevron_right2020.04 (91)
  • chevron_right2020.03 (100)
  • chevron_right2020.02 (76)
  • chevron_right2020.01 (86)
  • chevron_right2019.12 (124)
  • chevron_right2019.11 (115)
  • chevron_right2019.10 (84)
  • chevron_right2019.09 (89)
  • chevron_right2019.08 (101)
  • chevron_right2019.07 (107)
  • chevron_right2019.06 (96)