2022年12月

東洋医学的!年末年始の過ごし方

  • 2022.12.26
  • 医療
  • Posted by | sensin

こんにちは。リラステーションです!

 

先週から、また一段と気温が下がり、この辺りでもホワイトクリスマスとなりました。
北陸地方では、大雪で大変な思いをされている方もいらっしゃいますね。

こちらの地域では、普段から雪が降ることが少ないため、このような気候に慣れていません。
雪や路面凍結が起こる、朝の通勤は恐怖です・・・(´Д`)
常日頃から、交通安全対策をされていると思いますが、こんな天候の時には、より一層の注意が必要ですね。

 

 

さて。気が付けば、今回のブログで2022年最後となります!
ほぼ(たまに抜けることもありましたが)毎週月曜日に更新される、リラステーションのブログを楽しみにしていただき、ありがとうございます!

2023年も頑張って更新していきますので、今後ともよろしくお願いいたします♪

 

さて、今回は「東洋医学的!年末年始の過ごし方」について!

新型コロナウイルスの心配もありますが、今年の年末年始は、旅行に行かれる方、帰省される方、自宅でゆっくり過ごされる方・・・それぞれいらっしゃるかと思います。
年に一度の年末年始を、元気に過ごしていただくために、東洋医学からみた年末年始の過ごし方について、ご紹介したいと思います。

 

東洋医学では、“冬”は立冬(11月7日頃)から立春(2月4日頃)までの約3ヶ月を指し、この3ヶ月を「閉蔵(へいぞう)」と言います。

閉臓とは、万物が戸を閉ざして、陽気を潜伏させること、という意味です。
いろいろな思い、考えを身体の中に潜伏させ、できるだけそれを行動に起こさず、春まで「気(エネルギー)」を熟成させるという考えです。

つまり!冬の過ごし方の基本は、睡眠を十分にとり、ゆっくり過ごすことで、「気(エネルギー)を保養する」ことが一番ということです♪

 

 

特に、五臓の中の腎の気(腎にある精気=腎気)を保養しなくてはならなく、冬に腎気を消耗すると、春には気力、体力が衰えて弱くなると考えられています。

五臓の腎の働きは、「精(生命の源)を貯蔵する」、「骨格形成」、「泌尿生殖活動を行う」などがあり、
特に、生命の源であると考えられている『腎精』は人間の成長、発育、老化に大きく関係し、様々ある腎の働きの中でも重要なものとされています。

 

ゆっくり過ごすこと以外には、『黒い食材』を食べて「腎」を補給することもオススメです!

お正月のおせち料理の定番である「黒豆」。意識して食べましょう♪(^^)
その他には、黒ゴマ、黒米、黒キクラゲ、ひじき、黒酢など・・・。日頃のお食事にプラスしてみてください!
また、「気」をたくさん含んでいる根菜類もオススメです。

特に、冬の時期はお鍋やポトフなどのスープのような温かい料理でこれらの食材を摂ると効果的ですよ♪

 

腎は冬の間は生命エネルギーを維持し、活動が活発になる春に向けて生命エネルギーの備蓄を行っています。冬はこの腎の働きを助けることが重要です。

普段の生活の他に、年末の大掃除やお正月の準備・・・と、忙しく過ごされる方も多いと思われますが、くれぐれも頑張り過ぎには注意してくださいね(*’▽’)

 

それでは、みなさま。年末年始もお身体に気をつけて、楽しくお過ごしください。
2023年も、変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします!

 

 

 

☆年末年始の営業時間のお知らせ☆

 

リラステーションは、12月31日(土)~1月3日(火)まで年末年始休業となります。

年内は、12月30日(金)9:00~18:00
年始は、1月4日(水)9:00~18:00となります♪

 

※両日とも、通常の時間帯と異なりますので、ご注意ください!

 

リラステーションは、感染対策万全でみなさまをお迎えいたします。

みなさまのご来院を心よりお待ちしております。

 

 

○営業時間○

 

平日:10:30~19:30
土曜:9:00~18:00
(定休日:木・日曜日)

 

TEL→059-253-1869(予約優先)

Web予約→https://relastation.sensin.or.jp/

 

※Web予約につきましては、前日の18:00までの受付となります。
当日のご予約は、お電話にてお願いいたします!

 

 

       

サイト内検索

最近の投稿

2023.01.26 高齢者福祉
初ドカ雪!!
2023.01.26 児童福祉
新春

アーカイブ

  • 2023.01 (35)
  • 2022.12 (47)
  • 2022.11 (41)
  • 2022.10 (42)
  • 2022.09 (44)
  • 2022.08 (49)
  • 2022.07 (50)
  • 2022.06 (52)
  • 2022.05 (57)
  • 2022.04 (43)
  • 2022.03 (49)
  • 2022.02 (50)