2021年10月

心づくしの秋

  • 2021.10.22
  • 法人
  • Posted by | sensin

みなさん、こんにちは。法人本部経営企画室の長岡です。いつしか秋も深まり、朝夕は肌寒さ通り越し、ベッドから離れるのも少し億劫に感じられるような日々、いかがお過ごしのことでしょう。

 

 

 

街路樹も一枚また一枚と葉を落とし、側溝や舗道に溜まった落ち葉が、吹き抜ける秋風に乾いたその身を躍らせるように、クルクルと舞い上がる様子が時おり見受けられます。

また、岸辺では、灌木のすき間から勢いよく顔をのぞかせたススキの群生が、まるで人招きでもするかのごとく、少し青みがかったそれぞれの穂先を、心地よく川風になびかせています。

 

 

 

 

一方、目を遠方に転ずれば、まだ紅葉の始まっていない山々の稜線が紺碧に輝き、視線を更に上に向けると、澄みきったコバルトブルーの青空に、刷毛で描いたようなすじ雲がゆっくりと動いています。思わず胸いっぱい深呼吸したくなるような気分になりますね。

 

 

 

 

そんな秋の景色に身を任せていると、文人墨客ならずとも、何となく人恋しくもあり、またもの悲しく感じられるのも、いにしえからの日本人ならではの気質といえましょう。この爽やかな過ごしやすい季節ではあっても、黄昏から冬寒へと確実に変化していくことが、日の短さや空の高さと相まって、寂しさを増幅させるのかもしれません。

 

 

 

 

「心づくし」というと、現代では相手のことを思いやって何かをする、という意味に使われるようですが、元来は、いろいろともの思いに心を尽くす、思いわずらう、ということだそうです。ですので、心を尽くす対象は、人というよりむしろ自分自身の境遇や過ぎ行く自然の移ろいであり、夜長に遠い昔のことを思い出してみるのもいい時期かなあと思います。

 

♪… 無邪気(むじゃき)な春の語らいや はなやぐ夏のいたずらや

笑い転げたあれこれ 思う秋の日… ♪

( 「思秋期」 作詞:阿久 悠、 歌:岩崎 宏美 )

 

 

 

 

とはいえ、まぁ、そんなに思い悩むより、とにかく居酒屋で一杯やりましょう、と時には勢いをつけたいところですが、そこはwithコロナ。いましばらくは、家庭の電気グリル鍋のおでんを肴に、しみじみと一献傾けることにいたしましょう。では、また。

 

 

       

サイト内検索

最近の投稿

2022.09.25 高齢者福祉
早朝の伊勢神宮内宮
2022.09.23 高齢者福祉
祝敬老。

アーカイブ

  • 2022.09 (36)
  • 2022.08 (49)
  • 2022.07 (50)
  • 2022.06 (52)
  • 2022.05 (57)
  • 2022.04 (43)
  • 2022.03 (49)
  • 2022.02 (50)
  • 2022.01 (56)
  • 2021.12 (62)
  • 2021.11 (68)
  • 2021.10 (57)