2020年10月

Hiromi‘s Kitchen!

  • 2020.10.17
  • 高齢者福祉
  • Posted by | sensin

 

 

 

落葉樹の葉が少しずつ色付き、木々たちも冬支度を始めるころになりました。

こんな私でもちょっぴり寂しい気持ちになります。

でも寂しい気持ちに浸っている時間はありません。

 

 

今回の調理対決は『便秘解消さつま芋料理』です。

さつま芋に食物繊維が多く含まれているのはみなさんご存知ですよね!

さつま芋を切ったときに染み出る白い液体を『ヤラピン』と言います。

 

 

 

この『ヤラピン』が腸のぜん動運動を促進し、便を柔らかくしてくれます。食物繊維との相乗効果で便秘に良いと言われる理由なんですって。

 

先ずはさつま芋をきれいに洗います。

 

 

 

 

 

洗ったさつま芋を炊飯器に投入。さつま芋が2/3程浸かるくらい水を入れて、炊飯スイッチをON!

 

 

 

 

 

 

 

40分後にはホクホクのおいもさんが出来上がります。水分を含んでしっとりしてとても美味しい〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんもお試し下さい。

それではまた

 

 

 

・・・・と、さすがにこれだけではHiro’sKitchinに負けちゃいます。

 

さあここから勝負です。

炊飯器で調理したさつま芋を使ったお料理です。

この続きは、次回後編でお伝えしたいと思います。それでは・・・。

 

       

サイト内検索

最近の投稿

2021.07.28 児童福祉
夏の遊びといえば…

アーカイブ

  • 2021.07 (77)
  • 2021.06 (79)
  • 2021.05 (80)
  • 2021.04 (72)
  • 2021.03 (106)
  • 2021.02 (86)
  • 2021.01 (91)
  • 2020.12 (120)
  • 2020.11 (88)
  • 2020.10 (88)
  • 2020.09 (94)
  • 2020.08 (96)