2020年10月

お月見

  • 2020.10.08
  • 児童福祉
  • Posted by | sensin

第二はなこま保育園です。

 

今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、いろいろな行事が中止や縮小されていますが、そんな中でも工夫し、出来る範囲で子どもたちと楽しい体験を持つようにしています。

 

10月1日は十五夜、中秋の名月でしたね。

そこで、年長児きりん組の子ども達と『お月見会』を楽しみました。

 

いつもは降園する時間に友達といっしょに過ごすことが、なんだか特別な感じでワクワクしている子どもたち。

 

 

お月見の由来を聞いて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月が昇るのを待つ間、一足早く満月に見立てたスコッチエッグや

 

 

 

 

 

 

 

 

ほっかほかのおいもご飯を食べて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいしそうでしょう!?

 

 

 

 

 

 

 

 

とってもおいしかったですよ。

 

お腹も満足して、さあ、いざ外へ!!

今年は、とってもきれいな満月が見られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虫の声を聞きながら、子どもたちとのんびり月を見上げる・・・

とってもステキな時間でした。

 

ちなみに、十三夜ってご存じですか?

十五夜と同じように月が美しく、さらに晴の日が多いそうです。

 

今年は10月29日が十三夜です。

みなさんも、月を見上げてみてはいかがですか?

 

       

サイト内検索

最近の投稿

2021.07.27 障がい福祉
小倉のひとり言48
2021.07.26 高齢者福祉
恐怖の緑封筒

アーカイブ

  • 2021.07 (73)
  • 2021.06 (79)
  • 2021.05 (80)
  • 2021.04 (72)
  • 2021.03 (106)
  • 2021.02 (86)
  • 2021.01 (91)
  • 2020.12 (120)
  • 2020.11 (88)
  • 2020.10 (88)
  • 2020.09 (94)
  • 2020.08 (96)