2020年8月

製パン事業を見学・体験しました。 {現場を知ることの巻}

  • 2020.08.09
  • 障がい福祉
  • Posted by | sensin

こんにちは、YATABEです。

今回も製パン事業の見学・体験レポートの続きで、version.3となります。

 

 

 

 

 

 

 

ブレークタイム後で、

60分の発酵も終わり成型の工程へ入ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地を各種類のパンに合わせ成型をしていきます。

 

 

こちらは何だか楽しそうですね!

 

 

 

生地を伸ばしたり・・・

 

 

 

 

 

 

 

巻いたり、

 

 

 

 

具材を詰めて、

 

 

 

 

 

 

大きさ形を揃えて、はい完成! (福田課長の「どや感」手元がロック)

生地の成型からはご利用者の方も出勤され、皆さんと一緒に作業を行いました。

 

 

 

あとは成型されたパンをオープンに入れ焼成です。

 

そして最終完成! いつもの美味しいパンができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き上がり後はミーティング。現場との意見交換を行いました。

私たちは楽々パンの味は知っていても、

運営の中身など知らないことが多くあり、工房楽々あやまの製パン事業の現状を知ることができました。

今回は現場スタッフ、またご利用者の皆さん早朝からご対応いただきありがとうございました。

       

サイト内検索

最近の投稿

2021.09.17 児童福祉
もうすぐ十五夜
2021.09.16 児童福祉
祝!敬老の日
2021.09.16 法人
秋の声。

アーカイブ

  • 2021.09 (36)
  • 2021.08 (63)
  • 2021.07 (81)
  • 2021.06 (79)
  • 2021.05 (80)
  • 2021.04 (72)
  • 2021.03 (106)
  • 2021.02 (86)
  • 2021.01 (91)
  • 2020.12 (120)
  • 2020.11 (88)
  • 2020.10 (88)