大寒を迎えて

大寒を迎えて

  • 2021.01.20
  • 法人
  • Posted by | sensin
LINEで送る
Pocket

みなさま こんにちは

人事課の藤田です。

 

 

 

 

本日は

令和3年最初のブログです

1月も半分が過ぎ、鏡開きも済み

お正月気分もつかの間・・・

日々極寒に耐え忍んでおります。

 

なぜなら

1月20日・・・・大寒の日です。

「最も寒い時期」を意味

二十四節気は「大寒」をもって終わりますが、この時期は一年中で最も寒い時期、積雪は根雪となり、

「氷天雪地」(凍りつくような寒空と雪に覆われた大地)の情景が広がる厳寒の季節です。

この大寒の一つ前の小寒が「寒の入り」で、大寒の最終日(立春の前日で節分の日でもあります)が「寒の開け」、

寒の入りから寒の開けまでの1か月を「寒の内」と言います。ちなみに「寒」(かん)とは「最も寒い時期」のことです。

 

 

 

そして今日も

冬のほっとな飲み物をご紹介しますね。

高茶屋西館 「KOMORIYAMA COFFEEコモリヤマコーヒーより

1月は『小松菜 パートⅠ』です。

 

材料は、小松菜

    りんご

    キウィフルーツ

 

 

 

 

効能は・・・骨や歯の強化

がん予防や美肌効果むくみ防止

免疫力を高める化

視力の維持、眼精疲労

貧血の予防

小松菜感はあまり感じられず、とても飲みやすく美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和3年2月は『アボカド』です‼

別名「森のバター」・「食べる美容液」と言います。

楽しみにまた、来店しようと思いました。

 

アボカドの効果・・・血液サラサラ

優れた整腸作用

          体脂肪率を落とせる

          お肌ツルツル

          肝臓を守る・がん予防効果

          動脈硬化・高血圧予防

 

 

 

 

ほっこり談話…我が家の菜園も厳寒のなか、霜が降り野菜が育ちません。

大好きな大根の葉っぱもシナシナになり枯れてしまいます。

今は、保存してありました、さつま芋で焼き芋をしたり

カボチャ・大和芋をゴソゴソと出してきては、食しております。

根菜で大地のパワーを頂き元気の源にして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ

  • chevron_right2021.02 (77)
  • chevron_right2021.01 (91)
  • chevron_right2020.12 (120)
  • chevron_right2020.11 (88)
  • chevron_right2020.10 (88)
  • chevron_right2020.09 (94)
  • chevron_right2020.08 (96)
  • chevron_right2020.07 (97)
  • chevron_right2020.06 (76)
  • chevron_right2020.05 (84)
  • chevron_right2020.04 (91)
  • chevron_right2020.03 (100)