2022年2月

美味しく食べて、健康に♪

  • 2022.02.14
  • 医療
  • Posted by | sensin

こんにちは。リラステーションです!

 

本日、2月14日はバレンタインデー!

世界各地で「恋人たちの日」として祝われており、日本でも、女性が男性にチョコレートを贈る日として知られています。
「女性から男性へチョコレートを贈る」というバレンタインの風習は、日本独自の文化であり、日本では、チョコレートの年間消費量の約20%が、2月14日に消費されるともいわれています。

 

このようなバレンタインデーの始まりは、一説によると、昭和10年に神戸のモロゾフ製菓が、外国人向け英字新聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー』で、
「あなたのバレンタインにチョコレートを贈りましょう」という広告コピーを掲載したのが、バレンタインチョコの始まりなのだとか・・・!

最近は、世界中の珍しいチョコレートや、有名パティシエのチョコレートなどが一堂に会する『チョコレートの祭典』になりつつある感じもしますね!

見ているだけでも幸せな気分になります♪(*´ω`)

 

 

このような流れで、今回のテーマはチョコレート♪

私たちにとって、身近なお菓子のひとつであるチョコレート。
かつて、チョコレートの原料であるカカオ豆は「神の食べ物」と呼ばれるほどの貴重品でした。

そのカカオ豆を、ドロドロになるまですりつぶして、さまざまなスパイスや香料を投入し「不老長寿の薬」として飲んでいたと言われています。

近年は、カカオポリフェノールが豊富な「ハイカカオチョコレート(※カカオ70%以上のもの)」を多くのメーカーが販売しており、健康効果が期待できるとして人気を集めています。

 

 

では、チョコレートの栄養価を見ていきましょう♪

 

 

○カカオポリフェノール

カカオポリフェノールは、チョコレートの代表的な栄養成分です。
チョコレートの苦味や渋味は、このカカオポリフェノールによるもので、ハイカカオチョコレートのようにカカオの含有量が多いほど苦味も強くなります。

ポリフェノールは、高い抗酸化作用を持ち、体内の酸化を抑えてくれるため、肌老化の防止や動脈硬化の予防、アレルギーの改善、精神安定、リラックスといった効果が期待できます。

 

 

○食物繊維

カカオには、食物繊維の一種であるリグニンが豊富に含まれています。
リグニンには、腸のぜん動運動を活性化する働きが期待できるため、腸内環境を整えたり、便通を良くするといった効果が期待できます!

 

 

○テオブロミン

テオブロミンはチョコレートの苦味成分で、カカオはテオブロミンを含む数少ない食品といわれています。
テオブロミンには、血流アップや覚醒・興奮を促す作用があるため、脂肪の蓄積を防ぎ、体重増加を抑える働きが期待できます!

ただし、テオブロミンの過剰摂取は、利尿作用や興奮作用を高めてしまう可能性もあるため、適量を心掛けることが大切です。

 

 

美味しいだけでなく、健康に良い成分がたくさん含まれているチョコレート。
しかし、甘くて美味しいチョコレートは、砂糖などがたくさん含まれていますので、やはり食べ過ぎはNG!(´Д`)
また、チョコレートには、少量のカフェインが含まれているため、特に子どもや妊娠中の人は摂取量に注意が必要です。

美味しく、適量を食べて、心も身体も元気を保っていきたいですね♪(*´ω`)

 

 

 

 

☆2月はバレンタイン♪(*´ω`)☆

 

2月中、ご来院いただいた『男性患者さま』に感謝の気持ちを込めて「チョコレート」のプレゼント♪

少しばかりですが、お受け取りください(*’▽’)

「甘いものは苦手!」「血糖値が気になる・・・」という方には、他のものもご用意しておりますので、ご安心ください!

 

○営業時間○

 

平日:10:30~19:30
土曜:9:00~18:00
(定休日:木・日曜日)

 

TEL→059-253-1869(予約優先)

 

Web予約→https://relastation.sensin.or.jp/

 

※Web予約につきましては、前日の18:00までの受付となります。
当日のご予約は、お電話にてお願いいたします!

 

リラステーションは、感染対策万全でみなさまをお迎えいたします。

みなさまのご来院を心よりお待ちしております。

 

 

       

サイト内検索

最近の投稿

2022.11.24 高齢者福祉
紅葉の秋
2022.11.23 高齢者福祉
備えあれば🔥

アーカイブ

  • 2022.11 (32)
  • 2022.10 (42)
  • 2022.09 (44)
  • 2022.08 (49)
  • 2022.07 (50)
  • 2022.06 (52)
  • 2022.05 (57)
  • 2022.04 (43)
  • 2022.03 (49)
  • 2022.02 (50)
  • 2022.01 (56)
  • 2021.12 (62)