2021年3月

介護保険制度の今とこれから『2021』「Sensin NAVI NO.544」

  • 2021.03.01
  • Sensin NAVI
  • Posted by | sensin

皆様こんにちは、ブロガーのMるでございます。

今回お届けするSensin NAVIですが、「レッスンその544」となります。

 

 

 

 

 

・・・今回のお題は!介護保険制度の今とこれから『2021』「Sensin NAVI NO.544」をお送りします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「これまた壮大だこと!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ふん!制度改正を前にしてだな・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「確かに、振り返りは大事です・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そのとおり!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは!「Sensin NAVI NO.544をお送りします。

 

さて、いよいよ施行間近の介護保険制度の改正!

今回の改正を経て、介護報酬は全体で0.7%UPします。

例えば通所介護ですと、1回の利用で約100円上がります。

これはご利用者負担が1割として考えていますので、実際には多く上がる方もみえるはず。

今回の改正では、多くの加算が見直され、かつ運営基準が大幅に変更されます。

特にNAVIでも紹介する「科学的介護」による実践は、これからの経営に大きく影響するものとなります。

介護データベースであるCHASEとの連動が求められる中、おそらく大半の介護サービス事業所はその読解に勤しんでみえるはず・・・。

 

またこのコロナ禍における救済措置も発動されます。

介護事業者は今回のコロナウイルスにより、全体的に疲弊している状況です。

感染予防や地域の感染状況の把握、ご利用者やご家族への連絡や調整、また所属するSTAFFに対する理解など、事業運営と事業管理に加え、このコロナ渦の対応がまた大きく負担となっているわけです。

そんな中、今回設けられるのが、新型コロナウイルス感染症への対策費。

令和3年4〜9月の期間限定とはなりますが、すべての基本料金に0.1%を上乗せすることができます。

介護報酬については、現在ご利用者が1〜3割を負担します。残りは税金からなる公費税金と介護保険でほぼ折半されています。

国全体の介護に係る費用ですが、年々増加傾向にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高齢化の進展に伴い、介護や支援が必要な方の増加や介護期間の長期化など、介護のニーズはますます高まっています。

そんな高齢者を対象とした介護として、社会全体で支えあう仕組みとして始まったのが、

「介護保険制度」となります。

今から約20年前のお話です・・・。

この介護保険制度は、市区町村が保険者となって運営していますが、国、県、医療保険者、年金保険者等が共同して支えています。

40歳以上の皆さまが加入者(=被保険者)となって保険料を納め、介護が必要となったときにはサービスが利用できる仕組みになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この介護保険制度・・・

始まった2000年はその費用は約3兆6,000億円でしたが、この2020年度の予算では約12兆4,000億円とほぼ3倍となっています。

この掛かる費用については、今後も増加する見込みで、2025年の団塊の世代が後期高齢者になる時代には、さらに膨張するとされています。

こうした背景の中、ご利用者の負担額もどんどん増加しています。

当初一律一割負担として導入された介護保険制度も、その財源の厳しさから、いまや3割負担まで生じています。

今回の改正では反映されませんでしたが、一律2割案も浮上した昨今。

 

また、高額介護サービス費の上限もまた見直されることになり、ご利用者負担はますます増えるばかりです。

介護サービスの利用控えなどの課題も生じる中、40歳以上を対象とした介護保険料も増加傾向にあります。

当初は3,000円未満であった介護保険料も、一部の地域では月額10,000円近い介護保険料を伴う状況にあります。

もはや国の財源では賄いきれない状況の介護保険制度・・・。

 

 

今後どうなっていくのか?

 

 

令和3年度の改正も然り、今後の動向にもとにかく注視したい、そんな介護に関する状況をお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

以上!介護保険制度の今とこれから『2021』「Sensin NAVI NO.544」をお送りしました。

それではまた。

       

サイト内検索

最近の投稿

2021.07.28 障がい福祉
食欲の夏
2021.07.27 障がい福祉
小倉のひとり言48

アーカイブ

  • 2021.07 (74)
  • 2021.06 (79)
  • 2021.05 (80)
  • 2021.04 (72)
  • 2021.03 (106)
  • 2021.02 (86)
  • 2021.01 (91)
  • 2020.12 (120)
  • 2020.11 (88)
  • 2020.10 (88)
  • 2020.09 (94)
  • 2020.08 (96)