2020年11月

– 金盞香 –

  • 2020.11.19
  • 高齢者福祉
  • Posted by | sensin

皆様、おはようございます・こんにちは・こんばんは。

津特養NHKのHです。

 

二十四節気の中では立冬も終盤に差し掛かり、間もなく小雪となります。

日を追うごとに冷え込みが増し、外はもう冬の気配といった日もありますが、皆様に於かれましては、如何お過ごしでしょうか。

 

 

 

 

 

 

このブログ更新日の11月19日は、七十二候の中で、金盞香(きんせんかさく)と呼ばれています。

七十二候とは、古代中国で考案された季節を表す方式で二十四節気を更に5日程で分けた期間の事です。

各七十二候は、気象の動きや動植物の変化を知らせるものとなっています。

 

 

 

 

 

 

金盞香も同様に水仙が咲き、芳香を放つ時節を指しており、「金盞」は金の盃という意味が有り、水仙の黄色い冠を見立てています。

また、水仙の学名の「Narcissus(ナルキッソス)」は、ギリシャ神話からきています。

自他共に認める美しさを持ったナルキッソスという少年が、泉を覗き込み、泉に写った自らの姿に恋をしました。

あまりの恋しさに泉の淵より離れられなくなり、そのまま花の姿に変わってしまったというものです。

その花が水仙であり、ナルシストの語源ともなったお話です。

 

 

 

 

 

ここまできたら水仙の写真が来るだろうと思った皆様、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながらまだ時期が早く、撮影できませんでした、、、

また次回をお楽しみに!!!

 

 

以上、津特養Hでした。

 

 

 

 

 

 

       

サイト内検索

最近の投稿

2021.05.14 児童福祉
何色が咲くかな~?
2021.05.13 障がい福祉
小倉のひとり言46

Sensin Naviカテゴリ別

アーカイブ

  • 2021.05 (39)
  • 2021.04 (72)
  • 2021.03 (106)
  • 2021.02 (86)
  • 2021.01 (91)
  • 2020.12 (120)
  • 2020.11 (88)
  • 2020.10 (88)
  • 2020.09 (94)
  • 2020.08 (96)
  • 2020.07 (97)
  • 2020.06 (76)