2019年8月

備えあれば憂いなし。

  • 2019.08.02
  • 高齢者福祉
  • Posted by | sensin

皆様こんにちは。

津通所事業の八木です。

今回のブログは、津第2通所介護センター及び津通所リハビリセンターで行いました災害訓練について

少し触れさせていただきたいと思います。

さて、今回の災害訓練はボイラー室からの火災を想定して行いました。

第1発見者が『火事だ』と館内に知らせたら、初期消火に務めます。

 

 

津通所リハビリの脇谷介護員が初期消火に走ります。

もちろん普段から消火器の位置や点検等も行っております。

 

 

ご利用者様は一番近い避難口へ。職員も誘導いたします。訓練とは言えども手を抜く事は出来ません。

皆様真剣に取り組んでおります。

この後ろ姿は、津第2通所介護センターの若林リーダーです。

後尾に立ち誘導を行います。

 

 

全員、無事避難されましたら、点呼で確認。

最終若林リーダーの話で締めます。

その後、防災教育も行いました。

避難訓練はこれで終わりではなく、この訓練や非難方法が果たして良かったのか…を職員全員で考えます。

 

 

『備えあれば憂いなし』

準備が整っていれば、どんな事が起きても案ずることはない、日ごろからの準備が大事である、などの意味の表現ですが、

これからもご利用者様の安心・安全をどのように守っていくのか…をしっかりと考えていきたいと思います。

 

暑い日が続きますが、熱中症等には十分お気をつけ下さい。

 

 

 

 

       

サイト内検索

最近の投稿

2021.07.27 障がい福祉
小倉のひとり言48
2021.07.26 高齢者福祉
恐怖の緑封筒

アーカイブ

  • 2021.07 (73)
  • 2021.06 (79)
  • 2021.05 (80)
  • 2021.04 (72)
  • 2021.03 (106)
  • 2021.02 (86)
  • 2021.01 (91)
  • 2020.12 (120)
  • 2020.11 (88)
  • 2020.10 (88)
  • 2020.09 (94)
  • 2020.08 (96)