2019年3月

春は「ゆらぎの季節」! 身体の内側から肌を整える『ツボ』紹介します☆

  • 2019.03.25
  • 医療
  • Posted by | sensin

こんにちは。リラステーションです!

各地で桜の便りも届き始めましたね!(^^)

 

この季節のスイーツといえば、桜餅! 関東風は「長命寺」。関西風は「道明寺」です。
しかし!地理的に考えると、関東よりにあたるのに・・・北海道の桜餅は、関西の「道明寺」だそうです!
それは、江戸時代の流通航路によるそうですよ!歴史を感じますね(*´з`)

 

さて今回のテーマは・・・。『お餅』ネタをふっておきながら、『お肌』です!

 

春は、行楽シーズンでもあり、行動的になれる季節ですが・・・季節の変わり目であり、紫外線量も多く、まだまだ乾燥もしていて、肌にダメージを受けやすい季節となります。
そう、春は『ゆらぎの季節』なのです!!

 

東洋医学でも、春は陽気が上がる(臓器の働きや、生命エネルギーが活発になる)とされており、
心身のバランスがとりにくくなるため、めまいやイライラなど、体の不調を感じやすい季節でもあります。

 

また気温の上昇に伴い、体温や毛穴、汗腺、自律神経などが活発化してきます。
それと同時に細菌の繁殖も活発化しますので、汗や皮脂でふさいでしまった毛穴が、炎症を起こしたりと、肌の状態が不安定になりがちです。

 

ですので、「身体の循環を良くして、体調を整えること」
「排出機能を良くして、毒素の排出を促すこと」が大切になってきます。

 

そこで今回は、身体の内側から、肌を整えるツボを2つ紹介します!

 

 

 

 

 

①足三里(あしさんり)

 

松尾芭蕉が愛したという、有名な足三里です!とりわけ消化機能を高めるため、栄養分が体に行き渡りやすくなります。
また、便秘にも効果的で、さまざまな慢性疾患にも効果があります!

 

 

膝のお皿の外側から指4本下あたりで、圧痛があるところです。
人差し指や中指で押します。お灸もオススメです!

 

 

 

 

 

 

②湧泉(ゆうせん)

 

腎臓の働きを高めて、老廃物の排出を促し、肌の状態を改善します。
また、不眠にも効果的です。

 

 

足裏で足指を曲げたときにできるくぼみの真ん中です。
親指で、ゆっくりしっかり押してください。
ゴルフボールなどで、押してみても良いかもしれません(^^)

 

 

 

それぞれ、1回につき5秒ずつくらいを数回繰り返します。
お風呂に浸かりながら・・・TVを見ながら・・・など、気が付いたときにやってみてくださいね♪

 

同時に、肌を良い状態に保つためにも、外的なダメージから回避することも大切です。
掃除や換気を心掛けて、室内を清潔に保ったり、
入浴で、肌を清潔にし、保湿をしっかりしたり、バランスの良い食事を心がけることも大切です!
忙しい時期でもありますが、睡眠もしっかりとって、疲れやストレスを溜めないようにしましょう(^^)♪

 

 

 

 

 

3月も残すところ、あと少し。新しい元号が気になるところですね!
平成の次は、何になるのでしょうか?

 

それでは~(^^)

       

サイト内検索

最近の投稿

2021.10.16 高齢者福祉
デイ.ズの車窓から①
2021.10.15 高齢者福祉
お礼のFAX
2021.10.14 障がい福祉
楽々とCoffee

アーカイブ

  • 2021.10 (28)
  • 2021.09 (63)
  • 2021.08 (63)
  • 2021.07 (81)
  • 2021.06 (79)
  • 2021.05 (80)
  • 2021.04 (72)
  • 2021.03 (106)
  • 2021.02 (86)
  • 2021.01 (91)
  • 2020.12 (120)
  • 2020.11 (88)