now printing

2019年3月

偕楽荘の書道。

  • 2019.03.17
  • 高齢者福祉
  • Posted by | sensin

こんにちは。伊賀総合ケアセンターの増田です。

今回は、養護老人ホーム偕楽荘で行われてる

「書道」の様子を再び、お伝えさせていただきます。

 

 

 

 

まずは、筆選びから!

一生懸命、筆を吟味されています。

ご利用者様曰く「筆次第で字が決まるでな」

ということでした。すごく熱心な様子で筆を

選ばれているのが印象的でした。

 

 

 

 

こちらは、習字のお手本です。

季節に応じたお手本があり、ご利用様が自ら

好きなお手本を選ばれ習字をされます。

 

 

 

 

 

こちらは、新聞紙に練習をされている様子です。

ご利用者様から「半紙に書く前に練習するんやで」

と一生懸命、練習をされていました。

 

 

 

 

 

 

こちらは、職員も一緒に習字を行なわれた様子です。

ご利用者様とコミュニケーションを図られていました。

写真の職員は、支援員の”山口多美子さん”です。

とても明るく、上手な習字を書かれておりました。

 

このように、養護老人ホーム偕楽荘では

毎月第1日曜日に「書道」の行事を行なわれています。

その他にも、クッキング(おやつ作り)や外食支援など

多彩な行事が毎年、行なわれています。

 

今回は養護老人ホーム偕楽荘の「習字」の行事に

ついて紹介させていただきました。それでは今回は

このあたりで失礼させていただきます。

       

サイト内検索

アーカイブ

  • 2023.01 (37)
  • 2022.12 (47)
  • 2022.11 (41)
  • 2022.10 (42)
  • 2022.09 (44)
  • 2022.08 (49)
  • 2022.07 (50)
  • 2022.06 (52)
  • 2022.05 (57)
  • 2022.04 (43)
  • 2022.03 (49)
  • 2022.02 (50)