2019年1月

車窓から vol.9

  • 2019.01.06
  • 児童福祉
  • Posted by | sensin

しまの杜こどもセンターの古林です。
平成最後の年が始まりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
昨年は、私にとって激動の1年でした。
私事でもいろいろありましたが、なんといっても
4月からしまの杜こどもセンターに異動になり、
生まれて初めて電車通勤となったことがNO.1の
できごとでした。
新年が始まったばかりですが、1月は行く、
2月は逃げる、3月は去る・・・といわれるように、
あっという間に今年度も終わってしまうような気がします。
私は、この頃、1年が本当に短く感じると思っていました。
この前、ある本に、なるほど・・・と思える理由が書いて
ありました。
「10歳の子どもにとっての1年は、10年分の1年、
50歳の人にとっての1年は、50年分の1年。
だから、50歳の人にとっての1年は、10歳の子どもに
比べて5分の1の長さに感じる。」
というのです。
年々短くなっていく1年を、十分楽しみ、充実させたいと
思いました。
逆に考えると、5歳児にとっての1年は、5年分の1、
1歳児にとっての1年は、1年分の1・・・
大事な大事な1年・・・
1日1日を大切に丁寧に過ごしたいと、あらためて思いました。

 

 

 

 

       

サイト内検索

最近の投稿

2021.10.25 高齢者福祉
メンテナンスは大事
2021.10.25 医療
お灸Q&A
2021.10.24 高齢者福祉
「木」が好き。

アーカイブ

  • 2021.10 (46)
  • 2021.09 (63)
  • 2021.08 (63)
  • 2021.07 (81)
  • 2021.06 (79)
  • 2021.05 (80)
  • 2021.04 (72)
  • 2021.03 (106)
  • 2021.02 (86)
  • 2021.01 (91)
  • 2020.12 (120)
  • 2020.11 (88)