now printing

2018年6月

育児、仕事無理せずに・・・。

  • 2018.06.27
  • 高齢者福祉
  • Posted by | sensin

皆さまこんにちは。わたしは、津市高茶屋の地域総合ケアセンターの菊川です。

今回は、育休明けで職場に復帰した、高茶屋にある地域包括支援センターの保健師の浮田さんを紹介します。

 

浮田さんより
「1年7か月ぶりに仕事をするのですごく不安でした。
特に、その間に制度の改正があったので大変でしたが、書類を読んでもわからないことが多く、その都度、他の職員に確認しながら仕事しています。
また、4月から、子供を保育園に預けていますが、休むことも多く、また、生活のペースも違い、仕事と育児と家事をこなすのがとても大変でした。
復帰して、3か月ほどたちやっと少しずつ余裕が出てきたところです。家族や周りの職員の方々が、すごく気にかけてくれて、協力してくれるので助かっています。」と話してくれました。

 

保健師の浮田さんは、第一子出産後育休をとり、この4月から職場に復帰しました。
法人には、産休、育休後に復帰する職員が多くいます。浮田さんもその一人で、時短勤務を選択していますが、地域包括支援センターの専門職として復帰しています。
職員が産休、育休を取って職場に戻ることは、法人では特別なことではなく、受け入れ側も慣れているので、支える周りの対応も自然です。

 

 

①地域のイベントで健康相談

 

 

 

 

②三重看護専門学校の実習生の対応中

 

 

育児、仕事、家事をこなす女性すべての悩みなのかもしれませんが、仕事に復帰して、専門職として仕事に対する思い入れがあると思います。
しかし、子育ても大切。

このように、生活には、それぞれのライフステージがあります。浮田さんも、「今は、目の前のことをしていくので精一杯ですが、子育てが落ち着いたら、研修等にも参加して、保健師として、もっと地域の介護予防に力を入れて行きたい」と話しています。

 

今は、限られた時間の中で、無理せず自分らしく働いている浮田さんです。

       

サイト内検索

最近の投稿

2022.12.09 高齢者福祉
寒いですね~
2022.12.08 高齢者福祉
「継続」
2022.12.07 児童福祉
お芋おいしかったね。
2022.12.06 高齢者福祉
木漏れ日。

アーカイブ

  • 2022.12 (9)
  • 2022.11 (41)
  • 2022.10 (42)
  • 2022.09 (44)
  • 2022.08 (49)
  • 2022.07 (50)
  • 2022.06 (52)
  • 2022.05 (57)
  • 2022.04 (43)
  • 2022.03 (49)
  • 2022.02 (50)
  • 2022.01 (56)