手洗い教室。

手洗い教室。

  • 2019.03.15
  • 障がい福祉
  • Posted by | sensin

こんにちは。障がい事業部の川原出です。

今回は、きらめき工房いがで行われた手洗い教室の様子をお伝えします。

インフルエンザや風邪がまだ流行っている中、日頃からご利用者様には「うがい・手洗

い・マスク」を声かけしていますが、一度自分の手はどのくらい汚れているか、

目で確かめていただこうといつも給食を作って下さっている「名阪食品」さんに道具を

お借りして手洗い教室を行いました。

 

 

 

まず、手洗いの説明を職員から聞きます。

 

 

 

このGLO GERMという粉を手にまんべんなく擦り込みます。

 

 

 

 

その後、いつも通りに手を洗います。

 

 

 

 

手作りの暗箱(中にブルーライトが付いてます)の中に手を入れ、上からスマホの

カメラで手を見ると・・・

 

 

 

 

少しライトが光って分かりづらいですが、きちんと洗えていない部分は、白く光って写ります。

 

 

 

 

自分の目でどこが汚れているか確かめたあと、もう一度石鹸を使よく手を洗います。

普段しっかり手洗いが出来ている方は少なく、洗う時間が短かったり、指先だけ

ちょっと洗っている方もいて、この手洗い教室は良い機会になったと思います。

 

最近の投稿

2019.05.25 児童福祉
種をまきました!
2019.05.24 高齢者福祉
集い。

アーカイブ

  • chevron_right2019.05 (80)
  • chevron_right2019.04 (94)
  • chevron_right2019.03 (102)
  • chevron_right2019.02 (70)
  • chevron_right2019.01 (70)
  • chevron_right2018.12 (90)
  • chevron_right2018.11 (80)
  • chevron_right2018.10 (73)
  • chevron_right2018.09 (73)
  • chevron_right2018.08 (81)
  • chevron_right2018.07 (87)
  • chevron_right2018.06 (89)