My ソウルフード「鉄板スパ」。

My ソウルフード「鉄板スパ」。

  • 2020.04.19
  • 法人
  • Posted by | sensin
LINEで送る
Pocket

皆様こんにちは。

唐揚げと鉄板スパ、味噌煮込みうどんをこよなく愛する、ブロガーことMるでございます。

 

 

 

 

まずはこちらを!!

 

 

 

こちらはいわゆるステーキ皿で、我が家にある鉄板なわけです。

数年前に紹介したことのある我が家の鉄板ですが、

いつのまにやらその数は計4つ。こちらの写真に映るのは、大盛り用:私サイズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこちらは小判型。もう何年も使用しているので、さすがに痛みは激しい様子。

 

・・・ですが、私にとって大切かつ貴重なkitchenアイテムなわけです。HIRO’sキッチンならぬ、今回は私の得意料理のひとつ、

 

「鉄板スパゲティ」をお送りします。是非皆様も鉄板があれば試してほしい、そんなスパゲティを紹介します。

・・ちなみに鉄板スパと言えば、名古屋発祥と言われており、三重県も含め今も愛されるソウルフードのひとつ。

soul foodとは、その地域に特有の料理、又はその地域で親しまれている郷土料理を言います。

 

 

 

県内であれば、

四日市と伊勢市にある専門店(?)、いやさ喫茶店はまさに最高の鉄板スパを堪能できます。

特に伊勢市にあるその専門店は、私が学生の頃からの行きつけであって、今もなお大盛況なお店。simpleをはじめとした地元雑誌でも定番ながらに紹介される鉄板スパを取り扱う飲食店のひとつです。そんな鉄板スパをどうにか体現したい、そんな想いから研究に研究を重ねて生み出されたのが、私がつくる「鉄板スパ」です。法人で働くstaffも何人かが食し、知人や親類からは「MINOスパ」と称される、そんな鉄板スパを紹介します!

 

 

 

 

 

・・。

 

 

 

まずは野菜を炒めていきます。

 

食材は至ってsimpleなもので、「玉葱」と「ピーマン」です。

 

 

先に玉葱を炒めてからのピーマンです。

少し炒めてから「塩・こしょう」を少々投入します。

 

 

 

 

 

 

続いてはウインナーです。

鉄板スパには必ず欠かせない食材のひとつ!

 

 

 

 

そして一方で・・・

 

 

 

 

 

パスタもこのように準備します(写真は茹で上がった様子)。

パスタについても一品物で、ある名古屋の名店で使用しているものとなります。

一般的なパスタとは異なり、油で炒める相性はとにかく抜群です。

これ以外を使用した鉄板スパは、私の中ではあり得ない、そんなパスタ。

肝心の味付けはもちろん「塩」のみですが、そのあとに少々油を全体に注ぎ準備OKです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては鉄板を加熱します。

この鉄板はIH対応となっています。湯気がある程度出てきたところで油を注ぎます。

油はただ注ぐだけでなく、鉄板のふちまでしっかりと全体を馴染ませることがポイントです。

 

 

 

 

さて、一旦はここまで!

次回はその後編をお伝えしたいと思います。それではまた。

 

アーカイブ

  • chevron_right2020.09 (70)
  • chevron_right2020.08 (96)
  • chevron_right2020.07 (97)
  • chevron_right2020.06 (76)
  • chevron_right2020.05 (84)
  • chevron_right2020.04 (91)
  • chevron_right2020.03 (100)
  • chevron_right2020.02 (76)
  • chevron_right2020.01 (86)
  • chevron_right2019.12 (124)
  • chevron_right2019.11 (115)
  • chevron_right2019.10 (84)