風薫る季節に

風薫る季節に

  • 2020.05.15
  • 法人
  • Posted by | sensin
LINEで送る
Pocket

みなさん、こんにちは。法人本部経営企画室の長岡です。

「Stay Home週間」と銘打った異例ずくめのゴールデンウィークも、人影まばらな都心のスクランブル交差点、乗降客のほぼいない駅のホームや飛行場、シャッターの降りた行楽地の土産物店などの様子を、TVを通して何度となく眺めているうちに、まるで潮が引くように過ぎ去ってしまった感じもしますが、皆さんお変わりありませんか。

 

 

 

 

 

本来なら、家族そろってショッピングやイベントに出かけたり、普段ご無沙汰気味のご友人やご親族と旧交を温めたりと、楽しい行事が盛りだくさんなはずの時期でしたが、叶わぬ現実に直面し、何とか乗り切ろうといろんな工夫をするうちに、かえってそれぞれの絆を深められたという方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

さて、新型コロナウイルス対策には、体力づくりも欠かせないとばかりに、たまには家の近所を散歩することもありますが、そんな時、民家の生垣や公園の植え込みなどでは、色とりどりのツツジやサツキが目を楽しませてくれます。

一般的に、花弁が大きく葉に細かな毛が生えているのがツツジで、やや小ぶりな花で葉が小さく光沢があるのがサツキだそうで、開花時期もサツキの方がツツジよりも若干遅いようです。

 

 

 

 

ところで、ツツジを漢字では「躑躅」と実に難解な表記になっているのはご存知ですか。

「躑躅」は、音読みでテキチョクと言い、躊躇(ちゅうちょ)という漢字によく似ていますが、意味も同じように「足踏みをする」「ためらう」になります。

何でも、ツツジの仲間には、たまに毒性を持つ種類もあり、それを知っている馬や羊たちが、この花の近くに来ると恐れてテキチョクすることから、この漢字が当てられるようになったのだとか。なかなか興味深いというより、小学生の頃、下校時によくツツジの蜜吸ってたの大丈夫かなぁ、ですね。

 

 

 

 

 

動くもの みなやわらかし 若楓(わかかえで)

(内藤 雅子:作)

 

風薫る今の時期は、一年でも最も過ごしやすい爽やかな季節でもあります。公私ともに不便な状態がもう少し続くようではありますが、一人ひとりの頑張りで、1日も早い終息が実現することを願っています。では、また。

 

 

最近の投稿

2020.09.29 児童福祉
いもほり
2020.09.28 高齢者福祉
– 敬老祝賀会 –
2020.09.28 医療
『自分磨きの秋』☆

アーカイブ

  • chevron_right2020.09 (90)
  • chevron_right2020.08 (96)
  • chevron_right2020.07 (97)
  • chevron_right2020.06 (76)
  • chevron_right2020.05 (84)
  • chevron_right2020.04 (91)
  • chevron_right2020.03 (100)
  • chevron_right2020.02 (76)
  • chevron_right2020.01 (86)
  • chevron_right2019.12 (124)
  • chevron_right2019.11 (115)
  • chevron_right2019.10 (84)