2019年11月

お灸は世界を救う~okyu can change the world~③

  • 2019.11.18
  • 医療
  • Posted by | sensin

こんにちは。リラステーションです!

 

11月も、もう半ば。

秋冬のこの季節は、感染症が猛威をふるう時期でもあります!

インフルエンザだけでなく、ウイルスや細菌による呼吸器感染症や、感染性胃腸炎などが流行しやすい時期です。

時には、集団感染を引き起こすような、感染力の高い感染症も流行することがありますので、

みなさま、どうかお気を付けくださいね(*’ω’*)

 

 

さて、お灸ネタも今回が最後の3回目。

今回は研修の際に体験してきました『墨灸』についてです!

 

 

墨灸とは・・・

 

生薬エキスに墨を垂らしたものを、経穴(ツボ)に筆などで塗る治療法で、
火を使わず、熱さも火傷も残らない灸です。
幼児や子どもの夜泣き、疳の虫、おねしょの治療として普及していました。

 

現在は、滋賀県でしか行われていない灸療法で、今でも墨灸を行っている鍼灸院は4~5軒とのことです。

 

この生薬エキスと墨が合わさったものを、ツボに塗ることで、
生薬が皮膚を通じて血管に入り、吸収されるというものです。

 

子どもの背部や足の裏や手に、墨をつけた綿棒を押し当てて、墨を塗っていました。

 

 

私も実際に腕に墨灸をしてもらいました!(*’▽’)

 

 

塗った患部に、生薬が皮膚を浸透していくような、じんわりした感覚があり、
同時に墨の、爽やかな?懐かしい香りがして、
何だか、「効いてる~!」という感じがしました!

 

最近、夜に咳き込むことがあり、気にしていたので、関連するところに施灸していただいたのですが、
その日は咳き込むことはありませんでした!

 

昭和の始め頃、この墨灸を求めて、毎日300人。多いときで1000人の人々が来院したとか・・・。

 

 

墨灸、スゴイ!!

 

 

 

 

~お灸って、どんなのか体験してみたい!~
~試してみたいけど、自分ではちょっと勇気が・・・~
~家では煙が気になる!~
~背中や、手の届かないところは自分でできない!~

 

・・・という方のために。

 

リラステーションでは、おひとりおひとりに、部位や効果に合わせたお灸をさせていただきます!

 

煙の少ないお灸を使用していますので、煙たくなりません!

痕の残らないお灸を使用しますので、ご安心ください(*’ω’*)

 

ぜひ、この機会にいかがでしょうか?

 

 

※本日、ご紹介させていただきました「墨灸」は、材料(生薬)が手に入らないため、できません~(>_<)

 

 

○営業時間○

平日:10:30~19:30
土曜:9:00~18:00

(定休日:木・日曜日)

 

TEL→059-253-1869(予約優先)

 

みなさまのご来院をお待ちしております!

 

       

サイト内検索

Sensin Naviカテゴリ別

アーカイブ

  • 2021.04 (37)
  • 2021.03 (106)
  • 2021.02 (86)
  • 2021.01 (91)
  • 2020.12 (120)
  • 2020.11 (88)
  • 2020.10 (88)
  • 2020.09 (94)
  • 2020.08 (96)
  • 2020.07 (97)
  • 2020.06 (76)
  • 2020.05 (84)