now printing

2018年11月

高齢者施設の給食。

  • 2018.11.21
  • 法人
  • Posted by | sensin

こんにちは。財務経理課の村本です。

今回は高齢者施設の給食を紹介します。

こちらは甲賀シルバーケア豊壽園で提供している とある日の昼食です。

メインは牛すき焼きです。その他 温泉卵とフルーツです。

 

 

 

 

 

 

上下2枚ありますが、違いがわかりますか?

 

上の写真は普通食で、下の写真がやわらか食です。

 

通常、咀嚼や嚥下の力が弱い方の場合、食事を刻んで提供することが多いと思います。

 

その場合、原型がわからなくなり、見た目では「これはなんだ?魚か?肉か?」

 

ということになってしまい、また、刻むことで逆に誤嚥しやすくなったりします。

 

このやわらか食、は舌や歯ぐきで潰せる程度の軟らかさの食事です。

普通食とはやや見た目が異なりますが、食材の加工法、調理方法を工夫することで軟らかく仕上げています。

 

食感が「ふにゃっ」とした感じです。味もおいしいです。中には微妙な食感で普通食にはかなわないものもありますが、

何にしても見た目で楽しめるのが一番です。

 

 

高齢者の給食については、健康を維持し、食事を楽しんでいただくことを目的に提供しています。

ですが、食事の提供については考えるとことが多く、

食事を刻んでしまっては、食事の楽しみがなくなってしまわないか?

といって、このやわらか食はセントラルキッチン方式(工場から調理加工された状態で施設に届く)のため、

献立は自由に決められず、またご利用者ひとりひとりの個別の要望対応はほとんどできない

かといってセントラルキッチンでなく、現地調理の施設では、数百食を提供するところもあり、大量調理の中、ご利用者全員が満足することはできるのか?

…などいろいろ課題はあります。

そんな中、各施設の栄養士さんや介護員、給食委託先の調理員さんの努力や工夫のもと、日々おいしく安全な給食を提供しています。

 

 

       

サイト内検索

最近の投稿

2023.01.26 高齢者福祉
初ドカ雪!!
2023.01.26 児童福祉
新春

アーカイブ

  • 2023.01 (35)
  • 2022.12 (47)
  • 2022.11 (41)
  • 2022.10 (42)
  • 2022.09 (44)
  • 2022.08 (49)
  • 2022.07 (50)
  • 2022.06 (52)
  • 2022.05 (57)
  • 2022.04 (43)
  • 2022.03 (49)
  • 2022.02 (50)