「 温故知新 」  ~伝統・文化の新しい表現の仕方への挑戦~

「 温故知新 」  ~伝統・文化の新しい表現の仕方への挑戦~

  • 2018.04.10
  • 高齢者福祉
  • Posted by | sensin

「書道ガールズ甲子園」って、聞いたことありますか?

女子高生による書道パフォーマンスの祭典……それが「書道ガールズ甲子園」。

全国から集まった高校書道部の女の子たちが、熱きパフォーマンス・バトルを繰り広げます。音楽に合わせて踊りながら、大きな白い紙の上で、全身墨まみれにしながら書かれていくその文字や少女たちの姿に、多くの人が虜になっているとか・・・。

さあそんな巷で人気を博している書道ガールズが、志摩シルバーケア豊壽園にもやってまいりました。

実は今回で2回目の来園となりますが、前回同様今回も、予想以上の躍動感あふるる演舞を疲労してくださったため、ブログにて紹介させていただきます。

 

小・中・高の学生さんたちが、音楽に合わせて 筆をとり、まるで踊っているかのごとく、舞いながら腕を振るってくれています。

 

 

ご覧になるご利用者様、ご家族様もその動きと筆づかい圧倒させられ、良い意味での静寂の中、ドンドン書が進められていきます。

 

 

 

書道は中国から伝来したものの、もはや日本の伝統・文化といっても過言ではないでしょう。

「故ふるきを温たずねて新あたらしきを知る」まさに温故知新

 

書道による新しい表現方法に、ご利用者様、ご家族様、職員も虜になってしまいました。

 

 

今回も書を披露してくれたのは、志摩市志摩町にある、大口習字教室の生徒さんたちでした。

将来この中から書道甲子園ガールが誕生することを楽しみにしています。

ご利用者様の余暇生活の充実のために、ご協力下さいまして、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

最近の投稿

2018.05.22 高齢者福祉
ケアマネジャーの働き方。
2018.05.21 高齢者福祉
座右の銘。

アーカイブ

  • chevron_right2018.05 (64)
  • chevron_right2018.04 (80)
  • chevron_right2018.03 (80)
  • chevron_right2018.02 (70)
  • chevron_right2018.01 (75)
  • chevron_right2017.12 (83)
  • chevron_right2017.11 (93)
  • chevron_right2017.10 (92)
  • chevron_right2017.09 (82)
  • chevron_right2017.08 (101)
  • chevron_right2017.07 (91)
  • chevron_right2017.06 (74)