ある夏の日の「おもひで」。

ある夏の日の「おもひで」。

  • 2018.07.17
  • 法人
  • Posted by | sensin

皆様こんにちは。

夏の終わりのハーモニーはまだまだ早い!ブロガーことMるでございます。

安全地帯といえば「恋の予感」「熱視線」「真夜中すぎの恋」は個人的に別格!何気に「マスカレード」も名曲です。

 

 

さてさて夏と言えば、海!祭り!などなど日本の四季を彩る様々な風物詩があるわけですが、

今回は「花火」。

夏の夜空に描かれる色とりどりのアートが、見るものすべてを魅了する、そんな夏の定番。

 

 

 

こちらは法人本部のあります津市で開催された「花火大会」。

津の街の夜空をひときわ輝かせ、

長い歴史が刻まれたそんな津の花火大会。

 

 

当日はこのような人だかり。

子どもから若者、そして親子連れなど、多くの世代が、花火大会の舞台となる津の海岸に終結します。

 

 

 

正直あまり人混みが好きではありませんが、子どもたちの夏の思い出、そして日本の古き伝統をその目と耳、肌で感じさせることが大事。

なんだかえらく大層な言い回しではありますが、

子どもたちの喜ぶ顔が見れればとにかくそれで満足です。

 

 

 

次々と打ち上げられる花火

 

 

「あれはアン○ンマン」

「今度は宇宙船!」「でっかいど~!!」

 

…と、子どもたちは自分たちの想像のまま、見たままそのままを発するわけで、とにかく聞いていて悪い気はしません(笑)。

 

 

 

20歳の夏、嫁と行った伊勢の花火。

結婚してから二人で行った久居の花火。

そして、親となって行く今回の津の花火。

 

 

 

 

どれひとつとっても、あの瞬間あの時間は大切な思い出です。

そんな子どもたちは、

夜空に舞う無数の輝きに、なにを感じたでしょうか・・・。

 

 

将来それぞれが大人になった時、この日の出来事が、家族と過ごした良き日の思い出として、少しでも片隅に残れば幸いです。

それではまた。

 

 

 

 

最近の投稿

2018.10.20 法人
二人の門出を祝う。
2018.10.20 高齢者福祉
伝々祭開催します!!
2018.10.19 高齢者福祉
ケアハウスの秋‼

アーカイブ

  • chevron_right2018.10 (47)
  • chevron_right2018.09 (73)
  • chevron_right2018.08 (81)
  • chevron_right2018.07 (87)
  • chevron_right2018.06 (89)
  • chevron_right2018.05 (88)
  • chevron_right2018.04 (80)
  • chevron_right2018.03 (80)
  • chevron_right2018.02 (70)
  • chevron_right2018.01 (75)
  • chevron_right2017.12 (83)
  • chevron_right2017.11 (93)