2021年6月

– 芒種から夏至へ –

  • 2021.06.19
  • 高齢者福祉
  • Posted by | sensin

皆様、おはようございます・こんにちは・こんばんは。

津特養NHKのHです。

 

二十四節気の中では、「芒種」が終盤に差し掛かり、明後日6月21日には、「夏至」となりますが、皆様に於かれましては、如何お過ごしでしょうか。

 

 

 

 

夏至というと、北半球では太陽が1年で最も高い位置にきて、昼間の時間が一番長い日と言われています。しかし、日本では梅雨の時期であることも相まって、日が長く感じられないかもしれませんね、、、

 

さて、夏至に纏わるもので「夏至祭」というお祭りがあります。太陽の生命力を得るためのお祭りで、北欧など世界各地で行われているお祭りだそうです。
日本で有名なのは、我らが三重県伊勢市二見浦の祭り。

 

 

 

 

ここでは、夏至の時期だけ夫婦岩の間から朝日が昇るようです。 日本には、夫婦岩がたくさん点在していますが、岩の間から朝日が昇るというのは大変珍しく、夏至の頃しか見られない特別な光景です。

 

 

 

 

コロナ禍で人が集まるのは憚られる時期ですので、行くことはできませんが、三重県民としていつかは行ってみたいものです。

 

以上、津特養Hでした。

       

サイト内検索

最近の投稿

2021.07.31 高齢者福祉
”ヘルパーの夏“
2021.07.30 高齢者福祉
その明かり③

アーカイブ

  • 2021.07 (80)
  • 2021.06 (79)
  • 2021.05 (80)
  • 2021.04 (72)
  • 2021.03 (106)
  • 2021.02 (86)
  • 2021.01 (91)
  • 2020.12 (120)
  • 2020.11 (88)
  • 2020.10 (88)
  • 2020.09 (94)
  • 2020.08 (96)