2021年4月

介護保険制度の改正後の請求作業

  • 2021.04.29
  • 法人
  • Posted by | sensin

こんにちは
財務経理課の村本です。

 

コロナの状況はさらに厳しくなっていますが、
年度の切り替わりの4月、
介護保険制度が大幅に改正され、この月末から月初にかけて
各事業所で改正後はじめての保険請求作業があります。

 

通常、保険請求作業は専用のソフトを使用して行いますが、
改正時はソフトの設定や入力にいつも以上に注意が必要です。

 

個々の事業によって詳細は異なりますが、気になるチェックのポイントをまとめてみました。

基本的には、加算や体制の届け出にもとづくものですが、

事業所全体にかかる加算の設定を間違えてしまうと、

国保連返戻や利用料訂正などあちこちに影響が出てしまいます。

 

 

 

 

1 新しい加算
   …LIFE加算など改正で設けられた加算
2 職員体制(資格者、専門職の配置)の変更に伴うもの
   …職員の採用や異動で変わる加算や体制など
3 前年度実績によるもの
   …サービス提供体制強化加算や通所の規模など
    また、これらの加算と関係する特定処遇改善加算
4 新型コロナに関する対応  
  1) 9月30日まで 0.1%上乗せ
  2) 通所介護の特例 
     一定の条件に限り、規模区分の変更や感染症災害3%加算の算定可

 

 

 

 

 

その他、大規模通所や同一建物関係の給付管理のやり方変更など
年々制度が複雑になる一方で、もう少しシンプルにならないでしょうかね。

       

サイト内検索

最近の投稿

2021.05.14 児童福祉
何色が咲くかな~?
2021.05.13 障がい福祉
小倉のひとり言46

Sensin Naviカテゴリ別

アーカイブ

  • 2021.05 (39)
  • 2021.04 (72)
  • 2021.03 (106)
  • 2021.02 (86)
  • 2021.01 (91)
  • 2020.12 (120)
  • 2020.11 (88)
  • 2020.10 (88)
  • 2020.09 (94)
  • 2020.08 (96)
  • 2020.07 (97)
  • 2020.06 (76)