「福祉」に係る用語集「Sensin NAVI NO.372」

「福祉」に係る用語集「Sensin NAVI NO.372」

  • 2020.08.10
  • Sensin NAVI
  • Posted by | sensin
LINEで送る
Pocket

皆様こんにちは、ブロガーのMるでございます。

今回お届けするSensin NAVIですが、「レッスンその372」となります。

 

 

 

 

 

・・・今回のお題は!「福祉」に係る用語集をお送りします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「用語?単語・・?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いわゆる福祉の専門用語だ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「歩く通所介護はローカルですね・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ふん!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは!「Sensin NAVI NO.372」をお送りします。

 

 

・・・さて皆様は「福祉に係る用語」をいくつご存じでしょうか?

福祉には様々は法制度があり、それらには共通用語が多々存在します。

今回はそんな福祉に係る用語をすこしばかり紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは!

「地域福祉」

地域に住む人たちがよりよく生活できるように、様々な生活課題を共有し、その解決に向けた取り組みにより、福祉の向上を図ることを目的としたもの。いわゆる地域施策と地域活動を総称したものをいいます。

 

平成12年6月の「社会福祉法」の改正により、その第4条に「地域福祉の推進」が、第107条に「市町村地域福祉計画の策定」が、第109条に「市町村社会福祉協議会は地域福祉を推進する団体」と明記されるようになりました。

まさに今謳われている、地域包括ケアシステムや地域共生社会の先駆的考えと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に…

「エンゼルプラン」

 

厚生省が策定し、1995年度から実施している「子育て支援のための総合計画」のこと。

10年計画で約600億円の予算が計上されており、政府の少子化対策の柱とされています。

低年齢児を受け入れる保育所の倍増、延長・休日保育の整備、学童保育の普及など、働く親を支援するための施策が盛り込まれています。

 

1999年度には計画の見直しがなされ、目標値の修正、さらには働き方についての固定的な性別役割分業や職場優先の企業風土の是正などが新たに盛り込まれた5カ年計画の「新エンゼルプラン」が策定されました。

 

 

 

 

 

 

それから…

「ゴールドプラン」

高齢社会に備えて、1989年に10年間を見すえ高齢者対策強化の目的で策定された施策計画がゴールドプラン(高齢者保健福祉推進10ヵ年戦略)です。

しかしながら、当初の予想よりも高齢化が進んだため、1994年全面的に改定されたものが新ゴールドプラン(高齢者保健福祉計画)。

 

そして1999年度で新ゴールドプランも終了し、新たに策定された高齢者保健福祉計画の名称がゴールドプラン21です。

いわゆるエンゼルプランの高齢者施策版。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続けます…。

 

「ユニバーサルデザイン」

 

こちらは一般的にもよく耳にする用語かと…。大半の公共施設が取り入れているもので、「みんなにやさしいデザイン」という意味です。似通った用語にバリアフリーがありますが、若干考え方が異なりますゆえ、お間違いのないように。

 

年齢、性別、文化、身体の状況など、人々が持つ様々な個性や違いを越えて、一人ひとりが互いに多様性を認めあい、はじめからだれもが利用しやすいように、建物や製品、環境、さらにはサービスづくりを行っていこうとする考え方をいいます。

いまではより多くのものに波及し、一般的な用語として世間に流通しています。

 

代表的なものとして、町中誰もが歩きやすいよう、電線を地下に埋めた道路や、多言語標記のわかりやすい標識やデザイン、自動ドアがあげられます。

 

 

 

 

 

さらには…

老人福祉施設

老人福祉法に基づき設置される高齢者の福祉を図る施設の総称。
老人デイサービスセンター、老人短期入所施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、老人福祉センター及び老人介護支援センターの7種があります。
設置主体は、都道府県、市区町村のほか、社会福祉法人等の団体もそう。
これらのうち、養護老人ホームや特別養護老人ホームは、福祉の措置により入所することになる措置施設ですが、軽費老人ホームは入所者と施設との契約により入所する契約施設。ちなみに特別養護老人ホームは、介護保険制度では介護老人福祉施設として契約施設としての側面も持ち合わせています。
これらの他にも、
高齢者の福祉を図る施設として、有料老人ホーム、老人憩の家、老人休養ホーム等がありますが、老人福祉法上は老人福祉施設とされていません。
そして…
「措置」
社会福祉事業における福祉に関する措置制度のこと。
措置権者(行政〕がその公的責任において、ニーズの判定、サービス提供内容、費用負担等を決定して、社会福祉サービスの利用者に給付する行為、
いわゆれ行政処分をさしています。
介護保険制度がはじまる前は、高齢者に対する施策は措置制度で運用されていました。
2000年に誕生した介護保険制度では、原則としてサービス利用者(被保険者)とサービス事業者の関係は契約にもとづくこととなります。しかしながら、一部に要介護認定の申請・契約利用等が困難な方、あるいは虐待等緊急を要する場合に対しては、いまも行政機関による措置の方法が残されています。
あと…
「ワーカビリティ」

あまり聞かれない用語ですが、ケースワークにおける大事な要素のひとつ。ケースワークの過程において展開されるワーカーとクライエントの関係…。

クライエントがワーカーの働きかけに応え、自ら問題解決に取り組んでいこうとする意欲のことを言います。

 

 

 

 

このように色々な用語があり、それぞれに細かな意味や考え方があるわけです。

福祉に関わる試験や、福祉現場でもよく耳にする用語ばかり。

 

 

以上!そんな「福祉」に係る用語集。をお送りしました。

それではまた。

 

アーカイブ

  • chevron_right2020.09 (75)
  • chevron_right2020.08 (96)
  • chevron_right2020.07 (97)
  • chevron_right2020.06 (76)
  • chevron_right2020.05 (84)
  • chevron_right2020.04 (91)
  • chevron_right2020.03 (100)
  • chevron_right2020.02 (76)
  • chevron_right2020.01 (86)
  • chevron_right2019.12 (124)
  • chevron_right2019.11 (115)
  • chevron_right2019.10 (84)