食育と世代交流。

食育と世代交流。

  • 2018.06.19
  • 児童福祉
  • Posted by | sensin

第二はなこま保育園の西尾です。

 

今年もまた、園内の畑で育てている野菜の収穫が始まりました。

先日は年長児がジャガイモの収穫を体験。

段ボールに3箱!

 

 

後日、隣接する高齢者施設の方々と、ふかして一緒に食べる予定です。

 

あとピーマン、なすび、トマト、とうもろこし、きゅうり・・・・・

これ、すべて職員の手作り・・・

もちろん子ども達も水やりや観察はしますけど・・・。

 

収穫までに職員は、

 

・作り方を本屋さんで調べたり

・毎日の水やりに加え、休日が続くときは自主的に水やりに出てきてくれたり

・大変な畝作りには、体力のある男性職員の出番!

先日は同法人の他園の職員が手伝ってくれました。

・草引きをしたり・・・

 

この準備が大事。

この準備の過程が大事で、

子ども達が見たり、体験したり・・・それが目的なんですよ。

 

 

さて、このジャガイモ。

いつも一番最初に口にするのが乳児さん。

離乳食の食材になります。

 

いっぱいの人の愛情でできたジャガイモ・・・

さぞおいしいでしょうネ。

最近の投稿

2018.12.11 高齢者福祉
年越し前の行事と言えば!
2018.12.10 高齢者福祉
世界人権デー。

アーカイブ

  • chevron_right2018.12 (25)
  • chevron_right2018.11 (80)
  • chevron_right2018.10 (73)
  • chevron_right2018.09 (73)
  • chevron_right2018.08 (81)
  • chevron_right2018.07 (87)
  • chevron_right2018.06 (89)
  • chevron_right2018.05 (88)
  • chevron_right2018.04 (80)
  • chevron_right2018.03 (80)
  • chevron_right2018.02 (70)
  • chevron_right2018.01 (75)