新年を迎えるにあたり「障がい事業部の取り組み」

新年を迎えるにあたり「障がい事業部の取り組み」

  • 2017.12.10
  • 障がい福祉
  • Posted by | sensin

皆様こんにちは。ひさしぶりのチャレンジ男の登場に心奮わせる、

いや法人全体がおそらく歓喜の渦となったに違いない、いや思いたい、そんなブロガーことMるでございます。

ちなみのそのチャレンジ男発信の「チャレンジⅣ」についてはこちらをクリックしていただければと思います。

 

チャレンジ男の挑戦「チャレンジ.Ⅳ」。

 

さて話は変わり、伊賀市で運営しております障がい者支援施設「工房楽々あやま」。

そこで制作されたのが陶芸作品をまずご覧ください。

 

 

どこか哀愁ただよう「戌」。

皆様もなにかしら感じるものがあるのではないでしょうか。

 

ではアングルを少し変えてご覧ください。

 

せっかくなのでこのアングルも。

 

なんでも事業所の近くにあります「陽夫多神社」さんに毎年「干支」の陶芸作品を奉納しているそうです。

地域の中の社会福祉施設として、やはり地域との関係はこれからも大切にしていきたい、そんな思いからの奉納です。

 

あとちなみにもうひとつ!!

こちらも同事業所で制作された陶芸作品で、昨年の干支である「酉」でございます。

 

 

 

せっかくなので2つの「干支」の夢のコラボを再現してみました。

それではまた。

 

 

 

アーカイブ

  • chevron_right2018.05 (60)
  • chevron_right2018.04 (80)
  • chevron_right2018.03 (80)
  • chevron_right2018.02 (70)
  • chevron_right2018.01 (75)
  • chevron_right2017.12 (83)
  • chevron_right2017.11 (93)
  • chevron_right2017.10 (92)
  • chevron_right2017.09 (82)
  • chevron_right2017.08 (101)
  • chevron_right2017.07 (91)
  • chevron_right2017.06 (74)