洗心福祉会の「Ceramic Art」。

洗心福祉会の「Ceramic Art」。

  • 2020.04.11
  • 障がい福祉
  • Posted by | sensin
LINEで送る
Pocket

皆様こんにちは。仲間意識を大切にしたい、新年度からこそ意識するべきだと特に考える、そんなブロガーことMるでございます。

ではまずはこちらをご覧ください!

 

 

 

こちらは当法人の障がい事業部にて制作された陶芸品のひとつ、今年の干支「子」。

*現在こちらは販売しておりません。ご希望の方は直接事業所までお問い合わせください。

 

 

 

 

 

伊賀市で運営する障がい者支援施設である事業所では、ご利用者を中心に多くの陶芸作品を日々制作しています。

電話注文による受注も受付けておりますゆえ、是非インテリアとしてもご購入いただければ幸いです。

法人ニュースにて、当法人の障がい事業部「きらめき工房いが」で制作する「陶芸作品」のラインナップ更新をお伝えしました。

今回はその中のひとつ!いや二つの作品を紹介します。

 

まずは!

 

 

 

 

なかなかの愛らしい作品。

まさに金太郎を彷彿させる、五月の子ども日ならではのチョイス!

 

そしてもうひとつは!!

 

 

 

 

・・・NINJYA?

まさにこれこそそのままに、いわゆる「忍者犬(にんじゃけん)」です。

伊賀ならではの作品ですが、なにかホッとするその表情とモニュメントとなります。

以上が今回更新の作品紹介ですが、ほかにももちろんあります!

 

 

 

 

 

↑上記画面をクリックすると専用ページに移動します。

 

 

ほかの作品もご覧いただきつつ、ご興味のある方はぜひとも事業所に直接お問い合わせいただければと思います。

そんな障がい事業部のCeramic worksを紹介しました。

それではまた。

アーカイブ

  • chevron_right2020.09 (80)
  • chevron_right2020.08 (96)
  • chevron_right2020.07 (97)
  • chevron_right2020.06 (76)
  • chevron_right2020.05 (84)
  • chevron_right2020.04 (91)
  • chevron_right2020.03 (100)
  • chevron_right2020.02 (76)
  • chevron_right2020.01 (86)
  • chevron_right2019.12 (124)
  • chevron_right2019.11 (115)
  • chevron_right2019.10 (84)