2020年12月

CHASEとVISIT 。「Sensin NAVI NO.469」

  • 2020.12.19
  • Sensin NAVI
  • Posted by | sensin

皆様こんにちは、ブロガーのMるでございます。

今回お届けするSensin NAVIですが、「レッスンその469」となります。

 

 

 

 

 

・・・今回のお題は!CHASEとVISIT 。をお送りします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「チェイスはわかるけど、Visit?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「リハビリに特化したデータベースだな!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは!「Sensin NAVI NO.469」をお送りします。

 

今回の令和3年度の介護保険制度改正は、全体的にはプラス改定と言われています。

しかしながら、そのプラスは介護報酬ではなく、やはり加算を取得した上での考え方となります。

 

全サービス対象に協議されている内容について、前回のNAVIでも幾つか紹介したところです。

 

そのうち、

「CHASE・VISIT 情報の収集・活用と PDCA サイクルの推進」を焦点に話を進めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは全てのサービスにおいて、

「CHASE」と「VISIT」の活用を推進したもの。

「CHASE」と「VISIT」にて、例えば計画の作成や事業所単位での PDCA サイクルのほか、ケア自体の質の向上が期待されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんな双方について、今回のNAVIでは詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

まず通称「CHASE」ですが、

正式には Care, HeAlth Status & Events 。

 

 

2020年度から本格運用が開始されたもの。

このCHASEの目的は、「科学的介護」の実践。

 

介護サービスにおけるエビデンスを集めて情報を蓄積し、それを分析することによってご利用者に提供される介護サービスの根拠を提示できる必要があるとしています。

つまりは、介護分野のエビデンスを集めるデータベースこそ、「CHASE」なわけです。

 

 

「CHASE」という名称は、介護サービスの介入を示す「Care&HeAlth」、ご利用者の状態を示す「Status」、ご利用者の情報を示す「Events」を組み合わせた造語。この「CHASE」のデータベースは、電子情報として蓄積していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

一方の「VISIT」。

 

これは、

monitoring & eValuation for rehabIlitation ServIces for long-Term careの略称のこと。

 

 

 

通所リハビリテーション事業所、訪問リハビリテーション事業所からリハビリテーション計画書等の情報を収集しているデータベースを言います。

通所リハビリテーション及び訪問リハビリテーションの介護報酬において、

 

①調査(Survey)

②計画(Plan)

③実行(Do)

④評価(Check)

⑤改善(Action)

 

…のSPDCAサイクルを通じて、心身機能、活動及び参加にバランスよくアプローチするリハビリテーションが提供されるよう継続的に管理することを評価した「リハビリテーションマネジメント加算」等が存在しています。

 

 

 

事業所がリハビリテーションマネジメント加算等を算定する場合、以下の内容についてを定められた様式で作成することが必要です。

 

 

様式1:興味・関心チェックシート

様式2:リハビリテーション計画書(アセスメント)

様式3:リハビリテーション計画書

様式4:リハビリテーション会議録

様式5:プロセス管理票

様式6:生活行為向上リハビリテーション実施計画

 

 

通所・訪問リハビリテーションの質のデータ収集等事業においては、これらを電子的に入力できるようにする必要があります。そしてその内容を国に提出してフィードバックが受けられる仕組みを構築します。現在、まだまだ実績は少ないものの、続々と導入されているそう。国としても今後もさらなる拡大を推進しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんな介護領域のデータベースですが、

大きく分けると本体の

①「介護保険総合データベース」

 

 

そして…

②「通所リハビリテーション・訪問リハビリテーションの質の評価データ収集等事業のデータ」

 

 

…があり、そこにさらに追加されたのが、補完的役割をも担う

 

③「CHASE」です。

 

これらのデータ解析に基づき、効果的な介護サービスの計画・提供・見直しが行われる仕組みを構築していきます。

また将来的には、ケアプランや認知症ケア等の人工知能化、そして科学的に効果がある介護サービスの確立など、様々な利用につながるものと期待されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上!CHASEとVISIT をお送りしました。

それではまた。

       

サイト内検索

最近の投稿

2021.09.20 高齢者福祉
毎日の日課
2021.09.20 高齢者福祉
志摩のお昼ごはん
2021.09.19 高齢者福祉
アート鈴々
2021.09.19 高齢者福祉
祝・敬老

アーカイブ

  • 2021.09 (42)
  • 2021.08 (63)
  • 2021.07 (81)
  • 2021.06 (79)
  • 2021.05 (80)
  • 2021.04 (72)
  • 2021.03 (106)
  • 2021.02 (86)
  • 2021.01 (91)
  • 2020.12 (120)
  • 2020.11 (88)
  • 2020.10 (88)