いつもと違うSensin NAVI take.3

いつもと違うSensin NAVI take.3

  • 2019.03.03
  • 法人
  • Posted by | sensin

皆様こんにちは、ブロガーことMるでございます。

さて今回お伝えしますのは、その名もとおり!

 

 

 

いつもと違うSensin NAVIと題した、洗心福祉会の事業や概要をご紹介するアナザーNAVI。

本日2回目とはなりますが、とにかく皆様に伝えたい、そんなtake.3をお送りします。

 

 

 

 

 

 

・・・というわけでまずはfirst photoをご覧ください!!

 

 

 

「津市高茶屋のサービス付き高齢者向け住宅でだな」

「定員23名の、その名もつみなみシルバーケア豊壽園」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そう!こちらは以前にご紹介した津市高茶屋の地域総合ケアセンターシルバーケア豊壽園の近くに位置した事業所で、いわゆるサ高住と呼ばれるもの」

もちろん建物内でも各種サービスをうけることもできますが、近距離にある地域総合ケアセンター通所リハビリや通所介護センターを利用される方も多いです。ちなみにさらに近くには新高茶屋ケアサービスセンターシルバーケア豊壽園もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きましては・・・・

「Second photo」

 

 

 

「これは津波救命艇ですな」

「当時民間初として導入されたこの救命艇は、最大35名収容可能な有事の際の避難艇です。それに簡易トイレのほか、約7日分の飲料水や非常食が備わっています」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうです!津波救命艇がこちら!」

設置場所は三重県志摩市の浜島町で事業運営している浜島地域密着型センターシルバーケア豊壽園。

沿岸に近いことから、今後予測される南海トラフ地震等の大規模な震災(津波)に対する避難艇としての役割を担っています。

防災への意識や備えが年々高まる中、当初から現在に至るまで多くの見学者やメディアからの取材等が訪れる、そんな救命艇。

シルバーケア豊壽園を利用される方はもちろん、有事の際の地域住民に対する備えのひとつとしての役割もあります。

この救命艇を想定した避難訓練のほか、当法人が運営する保育園や学童保育の子どもたちも社会見学の一環としても活用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きましては・・・・

「third photo」

 

 

「これは学童保育専用車両ですな」

「学童保育を利用する児童の送迎(迎え)として活用されていまね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうです!」*というかまたこの人出てきた・・・。

現在この車両は当法人内にて三台所有しています。さきほどのshotはその中のひとつで、津市高茶屋のはなこま放課後児童クラブに導入されたもの。車両カラーがそれぞれ異なる以外はほぼ同装備のこの車両。座席は大人席も含め、最大19名~21名の児童が一度に乗車できます。

 

ちなみにはなこま放課後児童クラブにはもう一台、グリーンカラーの車両もございます。

はなこま放課後児童クラブは、中勢バイパスと165号線に隣接した位置にあり、その立地面からご利用される児童や利用ニーズは非常に多く、長期休暇時には約100名近くの児童が登録されます。

現在は、校区である高茶屋小学校以外の二つの校区の小学校に対する送迎(迎え)を実施しています。

 

 

 

「さらにはこちらは津市一身田のとよの放課後児童クラブの車両です」

「付近にお住まいの皆様の中には、一度はご覧になっているはず」

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今回の最後を飾る「forth photo」!

 

 

 

「これは伊賀市の伊賀総合ケアセンターシルバーケア豊壽園ね」

「一見ホテルかマンションに間違えそうな、そんな造りが特徴よ」

 

 

 

 

 

 

 

 

「そう!平成24年にOpen した5階建施設がこちら」

伊賀市久米町にありますこの事業所は、ユニット型の特別養護老人ホーム(定員80名)のほか、養護老人ホームや通所介護センター、訪問介護ステーションなど、様々な在宅及び入所サービスがあります。

また障がいサービスの居宅介護支援とも言われる特定相談支援事業所もこちらの事業所内にあります。

最近移転した伊賀市役所にも近距離の位置にあり、伊賀市主催の認知症cafe「オレンジカフェ」もこのセンター内で開催されています。

それに実際のCafe「みのむし庵」もありますので、お越しの際には是非利用していただきたいもの。

 

そしてそして、この4月には伊賀市初の民設民営の学童保育「いが放課後児童クラブ」が、こちらの拠点にて開始予定となっています。

さきほど紹介した学童保育専用車両も近々導入予定で、今回のカラーリングは果たして!?・・・と言ったところ。

 

 

 

 

 

 

 

以上、今回のアナザーNAVIでした。

 

 

 

 

 

 

…と、せっかくなのでもう一枚。

 

 

 

 

 

 

 

「これはこれは、洗心福祉会が誇る歩く通所介護ですね」

「とにかくその貪欲な精神と、常に制度の中に潜む湧水を欲する男が彼・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんの紹介だか…」*湧水って・・・。

 

 

 

 

さてさて次回のアナザーNAVIではどこがピックアップされるのでしょうか。

それではまた。

 

 

 

 

最近の投稿

2019.03.20 高齢者福祉
同じ屋根の下の仲間!!
2019.03.19 高齢者福祉
調印式。

アーカイブ

  • chevron_right2019.03 (71)
  • chevron_right2019.02 (70)
  • chevron_right2019.01 (70)
  • chevron_right2018.12 (90)
  • chevron_right2018.11 (80)
  • chevron_right2018.10 (73)
  • chevron_right2018.09 (73)
  • chevron_right2018.08 (81)
  • chevron_right2018.07 (87)
  • chevron_right2018.06 (89)
  • chevron_right2018.05 (88)
  • chevron_right2018.04 (80)