介護保険「第2号被保険者向け周知リーフレット」について

介護保険「第2号被保険者向け周知リーフレット」について

  • 2019.12.25
  • Posted by | sensin
LINEで送る
Pocket

介護保険における被保険者は、各市町村の40歳以上の住民(住民基本台帳上の住所を有する者)で、

年齢により①第1号被保険者と①第2号被保険者に分けられています。要介護認定の方法や保険料の収集方法等が異なります。

 

 

①第1号被保険者は、65歳以上の住民。

②第2号被保険者は、40歳以上65歳未満の医療保険加入者。

・・・となっています。

 

 

 

被保険者であることを示す「介護保険被保険者証」があり、

市町村(保険者)は、

第1号被保険者は原則すべての方を、そして第2号被保険者は要介護・要支援認定を受けた人に対し、被保険者証の交付を申請した者へ交付することになっています。

 

 

 

その中で今回ご紹介しますのは介護保険における第2号被保険者(40 歳から64 歳までの医療保険加入者)。

その第2号被保険者に対する周知用リーフレットについての内容が更新されました。

 

市町村や介護保険事業者、そして第2号被保険者への介護保険制度への一層の理解と周知を目的とした「リーフレット」となります。

 

☝画面をクリックすると、リーフレットの詳細をご覧いただけます。是非ご活用ください。

 

 

 

アーカイブ

  • chevron_right2020.07 (7)
  • chevron_right2020.06 (4)
  • chevron_right2020.05 (2)
  • chevron_right2020.04 (3)
  • chevron_right2020.03 (3)
  • chevron_right2020.02 (11)
  • chevron_right2020.01 (5)
  • chevron_right2019.12 (13)
  • chevron_right2019.11 (14)
  • chevron_right2019.10 (9)
  • chevron_right2019.09 (8)
  • chevron_right2019.08 (8)