秋の夜長に…

秋の夜長に…

  • 2019.11.25
  • 高齢者福祉
  • Posted by | sensin
LINEで送る
Pocket

こんにちは 地域総合ケアセンターの日高です。

11月も下旬に入り、冬が近づいているのを感じます。

秋の夜長、皆さんはどんなふうにお過ごしでしょうか?

さて、私には毎年恒例で楽しみにしている催しがあります。

 

 

 

 

私の晩秋の風物詩「MPAD」です。

おいしい食事をいただいたあと、劇団による文学・古典作品の

リーディング公演を楽しみます。

今年の舞台は、曹洞宗の中本山である塔世山 四天王寺です。

 

 

 

 

食事は、ペコリーノカフェというお店のお弁当。

彩りも素敵なおいしい食事をお腹いっぱいいただきました。

 

 

 

 

舞台は四天王寺の庭園。

ライトアップされた紅葉がとても綺麗です。

向田邦子 の「大根の月」という作品のリーディングを楽しみました。

はりつめた空気のなかでのリーディングとチェロの響き。

日常を離れ、雰囲気もリーディング公演も心に沁みるひとときでした。

 

 

演者の劇団こふく劇場のお2人です。

緊張の時間のあとの素敵な笑顔です。

秋の夜長に…

もう一度、公演の作品を読み返してみようと思います。

最近の投稿

2021.01.16 高齢者福祉
懐かしいお菓子
2021.01.16 高齢者福祉
誓いも新たに

アーカイブ

  • chevron_right2021.01 (47)
  • chevron_right2020.12 (120)
  • chevron_right2020.11 (88)
  • chevron_right2020.10 (88)
  • chevron_right2020.09 (94)
  • chevron_right2020.08 (96)
  • chevron_right2020.07 (97)
  • chevron_right2020.06 (76)
  • chevron_right2020.05 (84)
  • chevron_right2020.04 (91)
  • chevron_right2020.03 (100)
  • chevron_right2020.02 (76)