身近な食材で、お手軽漢方☆ 今回は『ショウガ』♪

身近な食材で、お手軽漢方☆ 今回は『ショウガ』♪

  • 2019.02.04
  • 医療
  • Posted by | sensin

こんにちは。リラステーションです!

 

今日(2月4日)は立春。
暦の上では今日から春♪ですが、日本列島は寒さのピークを迎えています(´-ω-`)
北海道の網走では、流氷が漂着したというニュースも届きましたね!

 

今回は、こんな寒いときにピッタリな漢方食材をご紹介します!
みなさん、とっても良くご存知だと思います『ショウガ』です。

 

 

 

 

 

ショウガの効果・効能は有名で、紀元前500年頃には、薬用として利用されていました。
薬用に用いられるのは根茎と呼ばれる根のような茎の部分です。

ショウガは、漢方の世界では『ショウキョウ』と呼ばれており、胃腸薬やかぜ薬、鎮痛、吐き気止めなど、いろいろな漢方薬に高頻度で配合されています。
有名どころですと、葛根湯や柴胡桂枝湯、胃苓湯があります。

 

 

それでは、ショウガの効果・効能をご紹介していきます(^^)

生姜の効果・効能の中心となるのは

「ショウガオール」と「ジンゲロール」という成分です。

 

 

 

 

○ジンゲロール

・老化防止・免疫作用向上
→免疫力を高める作用が強く、さらに殺菌効果により、胃腸の調子を整え、風邪や食欲不振にも効果があります。

 

 

・血行促進し、体を温めて冷えを改善する
→ジンゲロールには、血管を拡張させる作用があります。

 

 

・発熱の際の解熱効果
→ショウガには、鎮痛剤のアスピリンの80%ほどの解熱効果があるといわれており、鎮痛効果が期待できます。

 

 

・殺菌効果
→生のショウガには、殺菌効果があり、食中毒を防ぐ効果があります。

 

 

 

 

 

 

○ショウガオール

・血行促進し、体を温めて冷えを改善する
→体の芯から温めて、じわじわと冷えを解消してくれます。

 

 

・がん細胞の増殖・変異の抑制
→抗がん作用が強く、がん細胞の増殖を抑えるだけでなく、活性酸素による細胞の突然変異を防ぎ、がん細胞に変わることを防ぎます。

 

 

・消炎鎮痛作用
→痛みの原因となる、プロスタグランジンの働きを弱める作用が働きます。

 

 

・ダイエット・美白効果
→新陳代謝が促進され、血行改善も見込まれるため、シワやシミはもちろんのこと、吸収される脂肪を抑えるとされているため、ダイエット効果も高いとされています。

 

 

 

ショウガオールは加熱によってジンゲロールが変化するものなので、生のショウガには含まれません。

加熱することによって、よりショウガオールの成分を摂取しやすくなるのです!
なお、ショウガによる温熱効果は、3~4時間持続すると言われています。

 

 

 

我が家では、ショウガたっぷりの豚汁が冬の定番です!
野菜もたっぷり摂れて、身体も温まって、一石二鳥♪

 

 

 

 

チューブタイプのものもあって、手軽に使えて便利ですよね!

 

 

いつもの食卓にショウガをプラス☆してみてはいかがでしょうか?

 

最近の投稿

2019.07.19 高齢者福祉
伊賀地区職員研修!
2019.07.19 高齢者福祉
第二真珠荘夏祭り。
2019.07.18 児童福祉
心に響くメッセージ。

アーカイブ

  • chevron_right2019.07 (62)
  • chevron_right2019.06 (96)
  • chevron_right2019.05 (96)
  • chevron_right2019.04 (94)
  • chevron_right2019.03 (102)
  • chevron_right2019.02 (70)
  • chevron_right2019.01 (70)
  • chevron_right2018.12 (90)
  • chevron_right2018.11 (80)
  • chevron_right2018.10 (73)
  • chevron_right2018.09 (73)
  • chevron_right2018.08 (81)