now printing

幻想的な和の空間はいかかでしょう?

幻想的な和の空間はいかかでしょう?

  • 2017.10.01
  • 高齢者福祉
  • Posted by | sensin

皆様こんにちは。昨日待望(?)の、いやようやく再登場したSensin YAGI。

歩く通所介護だけに、今回のテーマも一切のブレを感じさせないところに、

ある意味感心してしまう、ブロガーことMるでございます。

おそらく↓この男も熱烈なファンのひとりとして心待ちにしていたはず。

 

ちなみにこの男はこれまでのブログに登場したことがあります。さてどなたでしょうか?

その正体はいずれ、近い将来Sensin YAGIで明かされるはずです。

 

 

さて、こちらの写真はその歩く通所介護の異名を持つ男が所属する新高茶屋ケアサービスセンター。

 

 

フロア内にまず目に入ること間違いなしのこの天井から釣り下がったライトたち。

木造の建物とこのライトのフォルムがまさに芸術を感じます。

 

 

そう、こちらこそかつて照明普及賞を受賞した施設で、こちらがその時頂いたものです。

最近では津市美杉町下之川の美杉ホットテラスでの受賞が記憶に新しいところ。

Sensin YAGIの復活を祝して、今回敢えてご紹介させていただきました。

 

【新高茶屋ケアサービスセンターの中庭】

 

それではまた。

 

最近の投稿

2018.10.15 高齢者福祉
備えあれば患いなし。
2018.10.15 児童福祉
地域との関わり。

アーカイブ

  • chevron_right2018.10 (35)
  • chevron_right2018.09 (73)
  • chevron_right2018.08 (81)
  • chevron_right2018.07 (87)
  • chevron_right2018.06 (89)
  • chevron_right2018.05 (88)
  • chevron_right2018.04 (80)
  • chevron_right2018.03 (80)
  • chevron_right2018.02 (70)
  • chevron_right2018.01 (75)
  • chevron_right2017.12 (83)
  • chevron_right2017.11 (93)