Sensinノベル「ある日の○○」。

Sensinノベル「ある日の○○」。

  • 2018.09.14
  • 法人
  • Posted by | sensin

 

 

 

先日にも登場しましたが、あるサウンドノベル風の一枚。

ひとり静かに独学するある日の午後。

 

 

 

 

 

そんな私を呼ぶ社内の内線・・・。

なぜかその内線音が、いつもより不気味に感じたのは今日が初めてのこと。

妙な胸騒ぎを感じつつも、

 

 

 

 

ガチャ…。

とりあえず受話器を上げてみる。

 

 

 

 

 

 

 

受話器の向こうから聴こえるのは、静かに耳に届く呼び出しの声。

 

 

 

 

 

 

 

・・・なにかの打ち合わせ?

それとも相談?

 

 

 

 

 

 

様々な想いや憶測が脳裏に交錯する中、とりあえず階を下りることにするわけですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

さてここで・・・

ここは四階フロア。

 

 

 

フロアを下りるに使うべき手段は3つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「エレベーターを使うか」、あるいは「階段で下りるか」、それとも「裏口から行くか」 。

 

 

 

 

 

 

・・・といった選択を迫られる私。

 

脳裏に焼き付く様々な葛藤。

内線の向こうの主が求めるものは、果たして何なのか。

重大な案件?

まさかの大事件?

 

いや、これはもしかしたら私の何気ない笑いを求めている?

…と思いきや、まさかの愛の告白では?

 

 

 

 

 

様々な期待と欲望、そして憶測が飛び交う脳裏に、一刻と迫る決断に向けた秒読み。

 

 

 

 

 

いまや遅しと待ちわびる(?)、

内線の奥に潜む影を肌に感じつつも、とにかく動じず振る舞うべきと思う一瞬の理性。

 

 

 

 

・・・そこで私は考える。

*ここからは彼の視点になって考えてみてください。選択肢は計3つ。あなたが思う手段「画像」をクリックしてください。あくまでパロディとしてお楽しみいただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

A:「今朝から足が痛いので無難にエレベーターを使う」

 

 

 

 

 

 

 

B:「やはり身体が資本。省エネと運動も兼ねて階段で下りてみる」

 

 

 

 

 

 

C:「いやいや、シゴトは時間が命だ。ここぞとばかりに近道の裏口を使う」

 

 

 

最近の投稿

2018.09.25 高齢者福祉
「 ○○内の作品展 part4 」
2018.09.25 児童福祉
今年のおみこしは・・・?
2018.09.24 高齢者福祉
輝く笑顔。
2018.09.24 高齢者福祉
「伊賀地区敬老祝賀会」 PART2

アーカイブ

  • chevron_right2018.09 (63)
  • chevron_right2018.08 (81)
  • chevron_right2018.07 (87)
  • chevron_right2018.06 (89)
  • chevron_right2018.05 (88)
  • chevron_right2018.04 (80)
  • chevron_right2018.03 (80)
  • chevron_right2018.02 (70)
  • chevron_right2018.01 (75)
  • chevron_right2017.12 (83)
  • chevron_right2017.11 (93)
  • chevron_right2017.10 (92)