きっぱりと冬が来た。

きっぱりと冬が来た。

  • 2018.12.14
  • 法人
  • Posted by | sensin

みなさん、こんにちは。法人本部総務課の長岡です。師走を迎え何かと慌ただしい時期ですが、いかがお過ごしのことでしょう。

 

 

 

12月になっても、しばらくは初夏を思わせるような暖かい日が続き、夏の草花が時期を間違えて咲いたとのニュースが話題になっていましたが、

さすがにここ1週間ほどは本格的な寒波の到来となり、朝、布団から抜け出すのも億劫な気分になりがちです。

さて、この時期によく思い出すのは、高村光太郎の「冬が来た」という詩です。有名な作品なのでご存知の方も多いと思いますが、

私の頃は小学校で習った記憶があります。いや中学校だったかもしれませんが、いずれにせよ昭和です(笑)。

 

 

 

きっぱりと 冬が来た

八つ手の白い花も消え

公孫樹(いちょう)の木も箒(ほうき)になった

…(中略)…

冬よ 僕に来い 僕に来い

僕は冬の力 冬は僕の餌食(えじき)だ

 

これを読むと、「毎年、冬がやってきて寒いのは当たり前。しのごの言わずにしっかりと現実を受け止め、覚悟を決めて厳しさに立ち向かっていきなさい。」と励まされているようで、返ってスッキリした気分になれます。

 

かじかんだ手に白い息を吹きかけながら、公園の桜の木を眺めてみても、イチョウの木と同様、外側は、ただつるっとしていて何もなく殺風景なほどです。反面、幹の内側は、冬の寒さが契機となって、来るべき春の開花にむけ、人知れず着々と準備が進んでいます。

 

 

 

人間の身体もこれと同じで、気温の下がる冬の間は、「蓄える状態」になっているのだそうです。

基礎代謝量(生命機能を維持するために最低必要なエネルギー)も、実際は、夏よりも冬の方が多くなります。熊さんのように冬眠するわけにはいきませんが、

寒い中で生命を維持していくには、それなりのエネルギーが必要となるのですね。

鍋物の終わりのシメなど、食欲が驚くほど進むのもうなずけます(笑)。

 

 

皆さんも、人生何をやってもうまくいかず、「ああ、今、冬の時代を迎えているのかなぁ。」と思えることもあるかもしれません。

しかし、冬こそ「蓄える」時期であり、エネルギーを充電する期間なのです。冬がなければ、春の輝きも、夏の成長も、秋の実りもありません。

そのように前向きに捉え、決してジタバタせず、きっぱりと乗り切っていければいいなぁ、と思うこのごろです。では、また。

アーカイブ

  • chevron_right2019.01 (49)
  • chevron_right2018.12 (90)
  • chevron_right2018.11 (80)
  • chevron_right2018.10 (73)
  • chevron_right2018.09 (73)
  • chevron_right2018.08 (81)
  • chevron_right2018.07 (87)
  • chevron_right2018.06 (89)
  • chevron_right2018.05 (88)
  • chevron_right2018.04 (80)
  • chevron_right2018.03 (80)
  • chevron_right2018.02 (70)