法人主催「1つWAKE発表会2018」。

法人主催「1つWAKE発表会2018」。

  • 2018.03.10
  • Posted by | sensin

当法人のサービスの質の向上を目的とする接遇委員会。

その接遇委員会では、新人職員や中堅職員などを対象とした各研修の主催のほか、

年に1回「1つWAKE発表会」を開催しています。

今年は3月10日(土)、舞台は昨年同様、津市高茶屋の第二はなこま保育園で開催されました。

今回で12回目となるこの発表会には、各事業の管理職を含め、総勢約100名以上の職員が集まりました。

 

1つWAKE発表会は、自分たちの仕事を今よりも「ひとつ上行く」ものにするため、

「WAKE]-ウェイク(気づく、目覚める、行動に移す)を主旨として始まった、

当法人の一大イベントのひとつとなっています。

また同時に、職員の日々の業務の中で見習うべき模範行動を紹介し、一年間の全事例のうちから、

毎年「職員MVP」を発表しています。全職員の中のまさに年間MVPです!!

 

今年は、児童・介護・障がいの各福祉サービスを担う、9つの事業所プラス特別枠徑の計10つのそれぞれの「1つ上行く」、

素晴らしい取り組み内容を発表されました。

こちら☟はその様子です。

 

 

 

 

最終的に今年のモデル事業所として「最優秀賞」が発表されました。

 

栄えあるモデル事業所は、三重県伊勢市で開催されたお菓子博における、障がい事業部3事業所共同による出展及びその取り組みの軌跡。

「障がい事業部」が最優秀賞を受賞!

 

そして注目の「職員MVP」は!

 

なんと今回は法人創立40周年を記念して、2名&1件がその対象に!!

 

第二はなこま保育園の谷口さんのほか、つまちなか地域総合相談センター&本町福祉用具貸与販売事業所ら3事例が受賞!

今回で12回目となりますが、他の事業所の取り組みや様子を知りえる機会でもあり、法人間での情報共有の場でもあります。

そして、今回の各事業所の発表を受け、新たな取り組みへのきっかけ作りに繋げていってもらえれば、幸いと思っています。

当法人を代表して、各地区の職員様、当日はお忙しい中お越しくださいましてありがとうございました。

次回、13回目の開催に向け、各事業所からのエントリーをお待ちしております。

アーカイブ

  • chevron_right2018.12 (2)
  • chevron_right2018.11 (10)
  • chevron_right2018.10 (19)
  • chevron_right2018.09 (13)
  • chevron_right2018.08 (11)
  • chevron_right2018.07 (18)
  • chevron_right2018.06 (11)
  • chevron_right2018.05 (9)
  • chevron_right2018.04 (12)
  • chevron_right2018.03 (13)
  • chevron_right2018.02 (9)
  • chevron_right2018.01 (7)