心に残るエピソード「手紙で交わる互いの想い」

心に残るエピソード「手紙で交わる互いの想い」

  • 2017.06.29
  • Posted by | sensin

皆様こんにちは。しまの杜保育園の八木です。

突然ですが…

「洗心福祉会~サミットからはじまったキセキ~」のMOVIEをご覧になりましたか?

まだの方は是非、是非ご覧下さい。MOVIEを含め、法人ニュースやブログで幾度となくご紹介してきました

ドイツ連邦共和国とのサミットから始まった交流。

ドイツ連邦共和国大使館の2度の訪問、G7宝船の贈呈等を経て、最終今年の5月12日には、大阪にありますドイツ連邦共和国総領事館:総領事のしまの杜保育園・しまの杜こどもセンターのご訪問に繋がる形となりました。

 

子どもたちの想いを込めた手紙が遠い異国の大使館・総領事館に届き、結果としてその子どもたちにたくさんの思い出となり、そして貴重な経験となったことに違いありません。

 

保育園の職員として、また子どもたちをお預かりする者として、これ以上ない喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな中、後日しまの杜保育園の子どもたちから、感謝の気持ちを手紙で届けたいと自然に話が上がり、早速5歳児を中心に作成。

もちろん手作りです。また、総領事来園時にお渡しした総領事をイメージした貼り絵について、今回は総領事の奥様をイメージして作成し、お手紙と併せて総領事館にお送りしました。

「相手を想い、お手紙を書く」

子どもたちが成長する上で、ある意味大事なことです。それがまた異国の方宛てですのでなおさらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして来たる6月17日(土)。

なんとその総領事様から保育園宛にお礼の手紙が届きました!!

それだけではありません!封筒の中にはもう一つ手お紙が…。

それは、保育園の子どもたちに対するメッセージが綴られたお手紙でした。

しかも総領事様の直筆で、それも「ひらがな」で書かれたお手紙です。

 

子どもたちへの想いが自然と伝わる直筆の「ことば」。子どもたちも、それぞれなにかしら感じるものがあったはずです。

今回、是非皆様にこの心温まるエピソードを伝えたい、そんな想いからご紹介させていただきました。

それではまた、

「Danke  schön!!!」(ダンケ シェーン)*ドイツ語でありがとうの意味

 

 

 

アーカイブ

  • chevron_right2017.12 (3)
  • chevron_right2017.11 (14)
  • chevron_right2017.10 (17)
  • chevron_right2017.09 (14)
  • chevron_right2017.08 (15)
  • chevron_right2017.07 (12)
  • chevron_right2017.06 (14)
  • chevron_right2017.05 (13)
  • chevron_right2017.04 (18)
  • chevron_right2017.03 (10)
  • chevron_right2017.02 (13)
  • chevron_right2017.01 (6)