寒い季節は特に注意!「高血圧」に効く『ツボ』紹介します☆

寒い季節は特に注意!「高血圧」に効く『ツボ』紹介します☆

  • 2020.01.20
  • 医療
  • Posted by | sensin

こんにちは。リラステーションです!

 

早いもので、1月も半分を過ぎました。
寒い朝が続き、起きるのが億劫に感じる方も多いのではないでしょうか?

 

今年は暖冬と言われていますが・・・
それでも、寒いものは寒いですね(´-ω-`)

 

 

さて、今回のテーマは『血圧』について。

 

気温の低下に反比例して、上がりやすくなるもの。
それは『血圧』です。

 

寒くなると、私たちの身体は、体温を逃さないようにするために、血管を収縮さ、血圧が上がりやすくなります。
血圧が、普段から高めの人は、寒さを感じたり、冷たいものを触ったりすると、血圧がさらに高くなってしまうことがあります。

 

高血圧は、

・脳血管疾患
・心疾患
・動脈硬化症
・認知症

などの病気につながる可能性があります。

 

ちなみに高血圧の定義は

 

最高血圧(収縮期血圧)140mmHg以上、または最低血圧(拡張期血圧)90mmHg以上

 

となっています。

 

血圧は、健康状態を知る目安の一つです。
気温の変化を受けやすい血圧は、季節の変わり目には特に注意が必要です。
また、血圧の症状は自覚しにくいため、こまめなチェックが必要です。

 

病的な高血圧もありますよ!

 

・急に血圧が高くなった
・ろれつが回らない
・しびれがある
・息苦しさや、のぼせ感がある

などの場合は、迷わず病院へ!

 

少しでも心配であれば、受診をオススメします(-ω-)

 

 

血圧異常は、その原因がはっきりしないケースがほとんどです。
遺伝的な要因や、食事の不摂生、ストレス、運動不足、過労といった生活習慣の積み重ねが原因と考えられています。

 

上がった血圧を薬で一時的に下げることはできますが、
まずは高血圧を予防・改善するよう、生活習慣を変えていくことが大切です!

 

 

そこで!最も大切なのが日常の心がけです(-ω-)/

 

・食事の塩分はなるべく控え、薄味を心がけましょう!

・毎日のお酒は、控え目に!

 

その他にも、ストレスや血行不良、エネルギー不足・・・といった因子がありますので・・・

 

・ラジオ体操やウォーキング、といった有酸素運動も効果的です!

・ぬるめのお風呂にゆっくりとつかって、疲れをとるのも良いですね♪
(お風呂での事故も多いので、風呂場と脱衣所の温度差には注意してくださいね。)

・ストレス解消のために趣味を持つ。
・睡眠をしっかりとる。

・食物繊維の多い野菜やヨーグルトなどを食べて排便を良くする。

 

などなど、健康に過ごすために無理なく実践できる対策はたくさんあります(*’▽’)

 

 

分かってはいるけれど・・・「それでも~!他に何かっ!!(;_:)」という方のために♪

血圧を下げるといわれている『ツボ』をご紹介いたします!

 

 

【人迎(じんげい)】

 

 

 

○場所→喉仏から指幅2本ぶんのところです。
指で押すと、ドクドクと脈が感じられるところです。

 

○押し方→中指で、首の中心に向かってゆっくり押します。
(強く押しすぎると、苦しいです!)
息を吐きながら、5秒くらい押し、5秒くらいかけて、ゆっくりと離してください。
これを左右5回ほど行ってください。

(血圧が気になったときでOKですよ☆)

 

人迎を刺激することで、血圧の調節を司る「頸動脈小体」と呼ばれる化学的受容器に作用させて、血圧を下げるのではないかと言われています。

 

鍼灸の世界では、『人迎洞刺』という手技はとても有名です(*’ω’*)

 

ちょっとした空き時間に出来るので、ぜひお試しください♪

 

 

 

 

 

最近の投稿

2020.02.19 障がい福祉
陶芸教室。
2020.02.19 障がい福祉
小倉のひとり言34
2020.02.18 高齢者福祉
津老健「新しい仲間」
2020.02.18 児童福祉
クッキー作りをしました。

アーカイブ

  • chevron_right2020.02 (50)
  • chevron_right2020.01 (86)
  • chevron_right2019.12 (124)
  • chevron_right2019.11 (115)
  • chevron_right2019.10 (84)
  • chevron_right2019.09 (89)
  • chevron_right2019.08 (101)
  • chevron_right2019.07 (107)
  • chevron_right2019.06 (96)
  • chevron_right2019.05 (96)
  • chevron_right2019.04 (94)
  • chevron_right2019.03 (102)