Behind the scenes of One WAKE 2019

Behind the scenes of One WAKE 2019

  • 2019.03.11
  • 法人
  • Posted by | sensin

皆様こんにちは。

タイムスリップものと言えば、断然バック・トゥ・ザ・フューチャー (Back to the Future )こと、ブロガーのMるでございます。

幼少期初めてあの映画を見たときの衝撃と興奮は今改めて見ても色あせることはありません。

ちなみに日本映画ですと戦国自衛隊は外せません。

 

 

 

 

 

・・・さて、法人ニュースやブログでも何度と紹介しました今年13回目を迎えた「1つWAKE発表会2019」。

 

 

当日会場に集まった多くの職員の皆様。管理職の施設長をはじめ、各地区や拠点で日々活躍されているリーダー職も多く参加しました。また今年度新たにNAKAMAとして加入した新人職員の皆様も参加しています。次年度以降またひとつ先輩の立場として、日々の業務のステップアップとともに、後世への指導も含めて輝いてほしいところ。

 

 

最優秀賞と職員MVPが発表され閉幕した、

今年の1つWAKE発表会2019。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・が、しかし!!

 

 

 

 

 

 

 

「1つWAKE発表会2019」を遡ること・・・。

 

開催の数時間前に少しばかりタイムスリップしてみます。*タイムスリップと言えば、アラレちゃんのタイム君も外せませんね・・・。

 

 

 

・・・・・・13時開幕の発表会のほんの数時間前。

ここ会場となります第二はなこま保育園の遊戯室。

 

当日発表される職員の皆様が集まり、事前リハーサルを行っていたわけです。

緊張しないよう、また資料がきちんと投影されるのか、無線マイクは上手く届くのか、こうした最終確認を念入りに行っての本番です。

ちなみに写真は志摩シルバーケア豊壽園の山川くんと2019MVPの西井リーダー。

 

この時点では全くもって自分がMVPとはいざ知らず(大笑)。

 

 

 

 

 

 

こちらはエントリーした10つの事業所の中で、今回栄えある最優秀賞を受賞した「つまちなかこどもセンター」のお二人。

きめ細かなパワーポイントはもちろん、その抑揚を交えた説明はまさに最優秀賞にふさわしい、そんなパフォーマンスを披露してくれました。

 

子どもたちへの想い、そして色濃き地域との交流を着実に実践してきた事業所です。

 

 

 

 

 

そしてまたまた志摩シルバーケア豊壽園の山川くん。

当日はトップバッターとしての大役を務めたわけですが、緊張さながらその落ち着いた低音ボイスがとても印象的でした。

 

 

 

 

こちらは津市一身田の豊野保育園から。

保育士さんの抑揚豊かな表現力はさすが!

聴き手を引きこむパフォーマンスが絶妙な、そんな発表でした。

 

 

 

 

 

 

最後にこちらは参加した皆様への贈り物。

ブログでも早々に紹介した、法人オリジナルのトートバッグ&ステッカーです。ちなみにトートバッグは二種類。

 

参加したみなさまははたしてどちらを選んだのか。

 

 

個々の好みがわかれるそんなバッグですが、私は濃いブルーを選択。

基本的には、デニムはブラックことMるなわけでございます。

 

 

 

 

以上、今年の「1つWAKE発表会」舞台裏でした。

少しでもこのイベントに興味を持ち、次回開催時にはあっと驚く取り組みを発表してほしいところ。

それではまた。

最近の投稿

2019.05.25 児童福祉
種をまきました!
2019.05.24 高齢者福祉
集い。

アーカイブ

  • chevron_right2019.05 (80)
  • chevron_right2019.04 (94)
  • chevron_right2019.03 (102)
  • chevron_right2019.02 (70)
  • chevron_right2019.01 (70)
  • chevron_right2018.12 (90)
  • chevron_right2018.11 (80)
  • chevron_right2018.10 (73)
  • chevron_right2018.09 (73)
  • chevron_right2018.08 (81)
  • chevron_right2018.07 (87)
  • chevron_right2018.06 (89)