想いが詰まった新しいシンボル。

想いが詰まった新しいシンボル。

  • 2017.11.12
  • 児童福祉
  • Posted by | sensin

皆様こんにちは。突然ですが、皆様は手作りと既製品、どちらに愛着を感じますか。

人によって感じ方はもちろん違いますし、その「モノ」にもよるところでありますが、例えば自分で作ったものとなると、例えそれが不恰好で、美味しくないものでも、違う意味で「味」のあるものに感じるはず。

特にそれが自分の子どもや孫からであれば「なおさら」こと、ブロガーのMるでございます。

 

さて、今回ご紹介しますのは、津市高茶屋のはなこま放課後児童クラブ!の学童支援員の皆様!

↓まずはこちらをご覧ください。

 

 

「?」

 

 

「工作?」

 

いやいや違います!これははなこま放課後児童クラブの看板を制作している様子です。

 

 

なぜこうした経緯なったのか。

決して幹竹割りで割ったわけでもございませんし、もちろん道場やぶりが来たわけでもありません。

 

遡ること数週間に直撃した台風、その影響でなんと看板が破損してしまったのです。

新しく購入という話も出ましたが、自然と生まれる熱き声。

 

「自分たちで作ろう!」

そう決起したのがこちらの皆様!

 

 

写真左は、法人の学童支援員のマザーこと、あの三田先生です!!

 

一文字一文字、丁寧に、細心に、そして時に大胆(?)に仕上げていきます。

 

 

 

 

子どもたちへの想い、そして学童支援員の皆様の、当法人の「はなこま放課後児童クラブ」に対する深い愛情が注ぎ込まれた、

世界にひとつしかない「新たなシンボル」がいよいよここに誕生しようとしています。

 

 

誕生後のNEW看板については、後日ご紹介できればと思います。

それではまた。

 

 

アーカイブ

  • chevron_right2018.12 (36)
  • chevron_right2018.11 (80)
  • chevron_right2018.10 (73)
  • chevron_right2018.09 (73)
  • chevron_right2018.08 (81)
  • chevron_right2018.07 (87)
  • chevron_right2018.06 (89)
  • chevron_right2018.05 (88)
  • chevron_right2018.04 (80)
  • chevron_right2018.03 (80)
  • chevron_right2018.02 (70)
  • chevron_right2018.01 (75)